月別アーカイブ: 2014年10月

【映画】『監獄ロック』

エルビス演じる主人公は刑務所で音楽を教わり、出所してからデビューして大ブレイク。
しかし自分の衝動を抑えることのできない彼は至るところでトラブルの種を撒き散らす……

物語自体は他愛のないもの。
人を殴ったらすぐに死ぬし、殴られたらすぐに声が出なくなる。
レコードを出したらすぐに売れっ子になるし、売れたらすぐに天狗になる。 

ところで僕は今作で初めて映像としてのエルビス・プレスリーをちゃんと観た。
すると今まで僕の中でエルビス・プレスリーとブルース・リーと区別がついていなかったことに気づく。
エルビス・ブルース・リーとかブルース・プレスリーとかとっさに答えてしまっても不思議でない。

それにしてもプレスリー、かっこよくないし、歌もうまいとも思えない。
ビートルズ以降のバンドならまだわかるが、プレスリーぐらいになると何が新しかったのか何が特別だったのか今から観てもわからない。

エビスビールの名称はエルビス・プレスリーが由来?


【本】『アルティメッツ』マーク・ミラー (原作) ブライアン・ヒッチ (作画)

マーブル漫画のヒーローが集合し、ナチの黒幕だった宇宙人と戦う……
映画『アベンジャーズ』の元ネタ的な漫画。

絵は素晴らしい。
刺激になった、が……
登場するヒーローがみな精神的に何らかの障害がある(わざと?)ため、感情移入しにくい。

暴力的なのは精神的におかしいキャラクターだからではなく、アメリカ的な思考ではこれがノーマルなのかもしれない。
あるいはさらにそれを俯瞰して、そういうキャラクターの思考を茶化して描いているのかもしれない。
この本単独では読み取ることができなかったが。


【日記】14年10月01日 体重57.8kg

五時起床。
ジョギングに出ようと外にでると、冷たい雨が降ってきたので、あきらめて帰宅。

鬱の周期にすっかり入ってしまい、抜け出せない。
午前中、凍りついたように何もできず、机に向かって脂汗をきたままずっと座っている。
その他の時間は寝室に移動して眠ったり……半分以上死んでいるのと同じ。

昼食を取ると少しだけ元気が出てきて、午後から新聞のクイズイラストのラフにとりかかる。
眠気を解消するために早めに寝室に入り、二二時半就寝。
 

この日ほか記事一覧


【食】14年10月01日

朝食:サツマイモ、ゴマ豆腐、キノコと豚肉とタマネギの炒めもののせサラダホウレン草とレタスのサラダ、鮭と半熟卵とチキンナゲットとソーセージ。

2014-10-01_060124.jpg

昼食:ユバ刺し身、焼きカジキマグロ、キムチ、ソーセージとチーズとキノコと豚肉とタマネギの炒めもののせサラダホウレン草とレタスのサラダ。
2014-10-01_123317.jpg

おやつ:ヨーグルト。

2014-10-01_162956.jpg

夕食:豆乳にフルーツグラノーラ。

2014-10-01_170507.jpg


【食】14年10月02日

朝食:カレーライス、サツマイモ、ササミの照り焼きとレタスとチーズとサラダほうれん草のサラダ。

2014-10-02_072936.jpg

昼食:ササミの照り焼き、ソーセージとトマトとレタスとサラダほうれん草のサラダ、ネギと鮭白子のバター焼き、サーモンとレタスとタマネギのマリネ、焼き鮭。

2014-10-02_130901.jpg

夕食:豆乳にフルーツグラノーラ。

2014-10-02_173600.jpg


【日記】14年10月02日 体重68.4kg

五時起床。
寝室から仕事部屋に移動してからの記憶が無いのだが、気絶したように眠ってしまったみたいだ。
起きると六時半。
八時間以上眠った割には眠気が無くならない。
眠気が世界をうっすらと膜のように覆っている。

一〇時二一分より光ヶ丘公園を三六分ジョギング。
やるせない曇り空から時折溢れる日の光。
夏の終わりなのか、太陽が力ない。
King Crimsonのアルバム『Red』を聴きながら走る。
一曲目の「Red」から二曲目「Fallen Angel」の流れが素晴らしい。
そしてラストの「Starless」……聴いていると涙が溢れそうになる。
アルバムとして完璧過ぎる。

クイズのイラストラフが通った。
気分転換して自分の仕事に集中したいが、鬱周期を完全に脱することができなくて……苦しい。

二二時就寝。
 

この日ほか記事一覧


【映画】『フレンチ・コネクション2』

ハンバーガーを「肉をレアでケチャップ抜きで」と注文するアメリカの刑事に仰天。
ステーキならともかく、ミンチ肉を生の状態が残ったまま食べるってどんだけアングロ・サクソン系は血のしたたる肉好きやねん……

ラストのチェイス、主人公視点になり、手持ちのカメラで敵を追いかけ柵を乗り越えるところは手だけが映ったり、当時としては表現が斬新だったのだろうか……現在もこういう描写がそこまでありふれているわけではないので、新鮮。

主人公はじめフランスの刑事もマフィアも登場人物みんな「頭頂部薄くてモジャモジャ」の似たような髪型で区別がつきにくい。
刈り上げにしたりなどの工夫があったらもっとよかった。


【本】『ニューアベンジャーズ:コレクティブ』ライアン・マイケル・ベンディス (原作) スティーブ・マクニーブン  フランク・チョウ マイク・デオダートJr.(作画)

何かの続編で、出来事が起こった後からストーリーが始まるのだが、最後までどういう話か把握できなかった。
理解するためのハードルが高過ぎる。

作画も僕があまり好きでない人中心で描かれている。
下品な彩色も好きじゃない。


【本】『夢みる宝石』シオドア・スタージョン

家出少年のホーティがもぐりこんだのは、見世物小屋のカーニヴァルだった。少年はそこで自分の出生にまつわる奇妙な宝石のことを知る……

一四歳で初めて読んで以来、何回目かわからない再読。

今回は四カ所で涙。
1:ハディの渡した派手なハンカチ
2:ハバナのためにホーティが歌う
3:ソーラムの書いた文章
4:ホーティがある女性と結ばれるところ

中学二年で初めて読んだときは泣かなかったと思うが、泣くという感情はいろんな経験を経て感受性が広がっていくらしい。
年々、涙ポイントが多くなっていく。

自分がこの本を読んだきっかけは世界SF全集に収録されていたからだが、いま、この小説を偏愛しているポイントはむしろセンス・オブ・ワンダーでない部分かもしれない。

自分が偏愛している部分は世間からはみ出したもの達が必死に生きようとするところ。
マイノリティーの悲しみ。
ホーティが、ハバナに共感してもらえて号泣してしまうところが象徴的で、僕はこの気持がひどくわかるのだ。

これと同じ感情を筋肉少女帯大槻ケンヂ氏が書いた歌詞の中に見た。


【本】『ニューアベンジャーズ:ブレイクアウト』ブライアン・マイケル・ベンディス(原作) デビッド・フィンチ(作画)

スーパーヴィラン(特殊能力を持った悪のヒーロー)たちが刑務所から脱出、大暴れを始めたため、前作(僕は未読)で解散したアベンジャーズ(アメコミヒーローたちの混合グループ)が再び立ち上がる……

コスチュームを着る、着ないにこだわる正義/悪のヒーローのこだわりがわからない。

日本人からしたら現実でマスクをかぶっているなんて強盗とか覆面レスラーなど、あまりいいイメージがない。

日本のヒーローものでは、ウルトラマンにしろ仮面ライダーにしろ、変身して体の形態を変えて特殊能力を使うという感じ。
服を着るだけだとしても、コスチューム自体が強化スーツだったり、素性を隠すためだけにコスチュームやマスクを着るだけなんて圧倒的少数派だ。

どういう文化の違いなんだ?

ストーリー自体は他愛のないものだが、作画のデビッド・フィンチ氏はアメコミとして安定していて絵が格好いい。


【本】『ニューアベンジャーズ:セントリー』ブライアン・マイケル・ベンディス(原作) スティーブ・マクニーブン デビッド・フィンチ(作画)

『ニューアベンジャーズ:ブレイクアウト』
http://matsudanozomu.com/?p=10311
の続編。
新生アベンジャーズの誕生、そして活躍。
それにまつわる独立した二短編が収録されている。
一話目は意味がよくわからないが、恐らくメタフィクションぽい話。
二話目は日本が舞台、ニンジャやシルバーサムライが登場。
ストーリーは前作同様、他愛もない。

一話目の作家スティーブ・マクニーブン氏の絵は、
集中線で演出したり、単調にならないよう静止したシーンのカメラアングルも見やすく変えたり、コマ割りも含め、日本漫画っぽい演出がみられる。

しかし二本目の作家デビッド・フィンチ氏は作画は安定して達者だが、非常にアメコミ的な漫画演出。
会話中、カメラアングルを一切かえないで吹き出し中心に進めるので、日本人の感覚からするとかなり読みにくい。


【映画】『ハミングバード』

冒頭、長髪で現れたジェイソン・ステイサムが落ち武者みたいで不気味なのに、坊主にすると精悍な顔つきになる不思議。
僕もハゲたら潔く坊主にしようと強く思う。

抑えたトーンの前半、非日常を揺れながらギャングの世界に足を踏み込んでいく主人公の描き方が巧み。
不穏な空気が現れては消え、現れては消え、を繰り返しながら次第に振り幅が広くなり、悲劇的なラストを予感させる……

観終わった後で、監督、脚本が『イースタン・プロミス』の脚本家と知り納得。

ただ、『イースタン・プロミス』ほどのカタルシスはなかった。
もっとはっきりしたクライマックスがあれば「ええもん観た感」を出すことができたのに。


【日記】14年10月03日 体重58.3kg

五時起床。
胃がん検診のため、朝食をとることができない。

早起きしたにも関わらず、睡眠時間をいつもより多くとったにも関わらず、七時頃睡魔に襲われ二度寝。
八時半に目を覚まし、外出。
光が丘区民センターにて胃がん検診。

胃がん検診のX線撮影時。
映画『AKIRA』に出てきそうな未来の医療マシンみたいなのに乗せられた後、
「バリウムを胃に広げるため、台の上で右回りに三回まわってください〜」
結局、自分でグルグルまわらされるって、未来的なのか原始的なのか……

早めにセンターへ行くと並んでいる人も少なく、一〇分で検診を済ませて帰宅。

絵の参考資料にアメコミを読んでいる。

一六時四一分より光ヶ丘公園を三二分ジョギング。
夕暮れ、青い空が徐々に黄色に変わっていく。
公園を一周して帰宅する頃にはノスタルジーの混ざった橙色に変化し、樹々の間を横から照らしている。
King Crimsonのアルバム『Discipline』を聴きながら走る。
学生時代に少しだけ聴いてあまりパッとない印象だったが、久しぶりに聴き返してみると意外に記憶に残っていて、割と気に入った曲もあったことを思い出す。
曲から浮かび上がった学生時代の記憶が、夕暮れの雰囲気と重なり少し切ない。

二二時就寝。
 

この日ほか記事一覧


【映画】『あなたを抱きしめる日まで』

物語というものは出来事をどう切り取とるか、ということだが、ノンフィクションは実際にあった出来事を演出以上に逸脱できないから物語の演出の手腕が問われる。

演出で描いていいことの制限があるが、そのぶん涙という点においては事実の重さで簡単に担保される。
それが実話の強みであり弱みであり……特に考えさせられたのがクライマックスの老シスターと主人公のやりとり。

僕は涙が止まらなかったのだが、物語の核心部分だけに、ここがどのくらいの真実かということで映画に感情移入する度合いが変わってくる。
これはどの程度演出されている事実なのだろうか?

単にここに描かれていることだけを受け止めて泣いていいのか、と一方で冷静に考えている自分もいるのだ。


【食】14年10月04日

朝食:鶏ささみと煮玉子とトマトとレタスのサラダ、ゴマ豆腐、豚ひき肉とマッシュポテトのグラタン 。

2014-10-04_091309.jpg

昼食:豚ひき肉とマッシュポテトのグラタン 、トマトとソーセージとレタスのサラダ、焼き鮭、シソのせ鶏もも炒め。

2014-10-04_123259.jpg

夕食:豆乳にフルーツグラノーラ。

2014-10-04_173937.jpg


【日記】14年10月04日 体重59.0kg

五時起床。
仕事部屋に移動したが、あまりの眠気に意識を失い、八時まで寝てしまう。
夏から秋の変わり目で、一日のリズムが崩れてしまう。

一〇時三五分より光ヶ丘公園を三一分ジョギング。
はっきりしない曇り空の下を走る。
King Crimsonのアルバム『Beat』を聴きながら走る。
このアルバムは今日の天気同様、印象に残らないはっきりしない曲ばかり。

周囲の散らかりようが気になって集中できないので、家を片付ける。
昨今の生活リズムを直すため早めに二二時就寝。
 

この日ほか記事一覧


【映画】『柔道龍虎房』

かって柔道がめっぽう強かった男は場末の飲み屋でバンド演奏しながら盗みや博打で身を持ち崩していた。そこへミュージシャン志望の若い女がバンドに応募してきて……

駐車場で黒服が、延々と柔道の技の掛け合いしている絵はシュールを通り越して何か神秘的。
現実の香港を映しているにもかかわらずSFのような光景にうつるのは、ジョニー・トー監督のこうあるべきと思う一種のユートピアを映画の中で再現したからだろうか。

登場人物の行動がエキセントリック過ぎる。
終盤で主要人物の一人が知的障害者だということがわかるが、登場人物全員、常軌を逸した行動ばかりなので、その事実がわかった後でもやっぱり差がわからなかった。


【映画】『アナと雪の女王』

透き通った氷、荒れ狂う波、冷たそうな水など水に関する質感表現が素晴らしい。

姉が突然妹とコミュニケーションをしなくなる理屈がわからない。
妹に誤って魔法をかけてしまったトラウマ?
にしても妹はその記憶じたいがないのだからちゃんと説明しろよ……と思ったらやっぱりコミュニケーション齟齬からトラブルが始まる。

城をほっぽり出して「ありのままの私で〜♪」と歌わせる意味がわからない。

結局氷運びの青年は何の役にも立っていない。
スノーマンのほうが役に立っている。

愛が氷を溶かす理屈がロジックでなく、エモーショナルなものだった。   
キン肉マンがバッファローマンを倒した理屈と変わらない。


【本】『火星年代記』レイ・ブラッドベリ

地球人が来て、また地球人が去って行くまでの火星の歴史。

久しぶり(五回目)の再読。
今回は意外と破綻しているという印象……中二に読んだときが面白かったピーク。

妄執にとりつかれた登場人物が、目の前はびこる過去のことを大切にしない、価値観と戦う。
スタージョン、ジャック・フィニイ、ロバート・F・ヤングと同じく、読んでいて強いノスタルジィを喚起させる。

冒頭の何編かの地球人と火星人のファーストコンタクトに纏わる話、それぞれ火星人の立ち位置が違いすぎて、別の設定の話みたいだ。
これを同じ火星人と捉えるなら、
違う種族?
個体差が大きいから?
火星人が行っている行為も意図的なのか意図しないものなのか判別し難いので、一層混乱させられる。

「第二のアッシャー邸」
にも同じことが言える。
これは火星で起こった出来事にする意味があまりわからない。
(中二で読んだときにも思った)

ハザウェイのエピソード、妻子を人造人間にする意味がわからない。
連続性のあるエピソードにするなら変身した火星人のほうがいいのでは?
ただの医者なのに人造人間を作る技術を持っているって唐突過ぎる話だし。

それぞれの短編の完成度は極めて高いのだが、微妙に違う世界観を持っているのでおさまりが悪いと思った次第。

ちなみに二〇一〇年頃、ブラッドベリのインタビュー
「本は紙で読むものだ。電子書籍にしてくれと言ってきた奴がいたので『地獄に落ちろ』と言ってやった(意訳)」
http://www.afpbb.com/articles/-/2748823?pid=6086074

電子書籍が駄目だけど紙に印刷した本は読んでいるし、
映画を観ているし、
テレビも観ているわけだし。
その線引は自分の過ごした時代に縛られているだけのことじゃないか!
古き良き時代の文化を大切にするにしても、それはあくまでも本人の主観で、それこそその基準は時代ととともにかわるもの。
微妙な気持ちになった。

そして少し前にブラッドベリが死んで、今はAmazonの電子書籍で『火星年代記』を読むことができる。

みんな地獄へ落ちちゃうよ!


【日記】14年10月05日 体重58.7kg

やっぱり朝寝坊の七時半起床。
午前、晴れているので洗濯物を干すと、昼過ぎから雲が笑笑と涌いてきて風が強く吹き始める。
今夜から明日昼にかけて台風が通過するようだ。
そんなこんなですっかりジョギングへ行くタイミングを失う。

夕方から続けて映画を二本鑑賞。
二二時半就寝。

夜中、外は暴風雨の様相を呈している。
 

この日ほか記事一覧


【食】14年10月06日

朝食:サーモンと海草と煮玉子とレタスのサラダ、鶏ササミの唐揚げとソーセージ、サツマイモ。

2014-10-06_073443.jpg

昼食:牛たんとこんにゃくとチキンナゲットとソーセージとレタスのサラダ、ネギゴマ豆腐、鶏皮餃子。

2014-10-06_120113-1.jpg

夕食:サイゼリアにて、ハンバーグステーキ中心にいろいろ。

2014-10-06-184017.jpg

2014-10-06_175936.jpg

2014-10-06_174958.jpg

2014-10-06_174327.jpg


【映画】『ジャングル・ブック』

密林で動物に育てられた人間の少年モーグリ、人間嫌いのトラが帰ってくるので、みんなで故郷へかえしてあげようとするが……

あまりピンとこない。

ヘビが催眠術をかけたぐらいからものすごく眠くなってきてウトウト。
あと少しで僕もヘビに食べられてしまうところだった。


【本】『シビル・ウォー』マーク・ミラー (原作) スティーブ・マクニーブン (作画)

リアリティテレビでヒーローが失敗して起こった大惨事がもとで世論が沸騰、超人登録法というものができ、それを巡ってヒーローが二手に別れ戦争を始める……

ヒーロー同士が戦う、というコンセプトは面白いけど、どちらの側もヒーローとして最低限守らなければならない矜持がどこにあるのかわからないから、どちらにも応援(感情移入)できない。

正義を相対化し過ぎて、とうとう正義が消滅してしまった。

作画のスティーブ・マクニーブン、描き込みも多すぎず、僕の好きなタイプの絵。
メカ化したソーの頭が砕かれるところなど、一枚絵が素晴らしい。


【日記】14年10月06日 体重58.5kg

五時起床。
眠気に耐え切れず仕事部屋で机にうつ伏し寝てしまい、起きると六時半。

朝から窓の外は台風でひどい暴風雨。
午後から生まれ変わったような快晴。
駅前のショッピングモールへ買い物に行く。

夕方、気分転換にサイゼリアでハンバーグを中心に食事をする。
サイゼリアには上京した頃(九九年頃)、アシスタント先でよく食事に行ったものだが、当時と比べ値段が上がっていないことに驚く。

二三時就寝。
 

この日ほか記事一覧


【映画】『リンカーンVSゾンビ』

ゾンビ殲滅作戦の陣頭指揮をとるため、リンカーン大統領はシークレットサービスを連れ南軍の砦に潜入する……

DVDに傷が入っているせいか、四〇分前後で映像が何度も行った来たりしてストーリーがなかなか進まない。

ゾンビが音に反応するという設定なのだが、ゆっくり行動するとゾンビの前を歩いてもでくのぼうみたいに突っ立ったまま気づかない。
そんなドン臭いゾンビなのに被害者が増えていく……その理由はまず、リンカーンの説明不足。

敵がゾンビであること、そのゾンビの倒し方を部下にも敵にもちゃんと説明しないから、パニックになった人々が無為に殺されていく。
ちゃんとリンカーンが説明を始めるのは物語が半分近く過ぎてから。

その後もシークレットサービスどおしで喧嘩したり、後ろに立っているゾンビに気づかなかったり、間抜け過ぎる理由で死んでいく。

ゾンビから逃げているうちに線路に上がり込み、機関車に追いかけられるシークレットサービスに向かい、
「横切れよ!」
と画面越しに叫んでしまう。
もちろん機関車に轢かれて即死亡。

DVDに傷がついていること関係なしに進まないストーリー。


【本】『あなたを天才にするスマートノート』岡田斗司夫

最低限、岡田斗司夫氏レベルの天才になることとができるノート術。

頭のいい人は自分に自信があるのでノートをとらない。
何でもノートに書く癖をつけることによって記憶することはもちろん、脳のジャグリングを防いだり(思考が同じ所をグルグル回らないようにする)、発想、論理、表現の総合力を上げて、「面白いこと」を考えることのできる天才に近づこう、ということらしい。

この書籍に書かれている「面白いこと」が、僕には主観的過ぎてピンとこなかった。

このメソッドはレコーディングダイエット(この書籍でも何度も言及される)のように記録を助走段階から徐々に始めていくのだが、そもそもレコーディングダイエット提唱者の岡田氏がリバウンドしているので、説得力に欠けるのだ。

それにしてもこの書籍で言われている天才の定義、いかにも岡田氏らしい上からの物言いだ。
松本人志氏は論理力が不足しているから映画作りで破綻する、太田光は表現力がない、サンデル教授は発想力がない……云々、正直よういうわ〜と思うけれど、そういう挑発的な表現も含めて岡田氏は計算で言っているだろうから、僕からは何も言うことがない。


【本】『一角獣・多角獣』シオドア・スタージョン

あまりSFでない、幻想的な短編集。
飲み込みやすい内容とは決して言えず、同じ著者の『夢みる宝石』の叙情的な雰囲気に比べると、意地悪で容赦無い。

僕の感覚では使い古されている、あまり新鮮でない展開もあったりする。
(少し経年劣化をしているかもしれない)
それでもフェティッシュに好きな短編がいくつかある。

個人的にはこの二編が気に入った。

「熊人形」
夢と現実が夢を媒介して行き来する。

「めぐりあい」
『胡蝶の夢』あるいは『世界が終わってしまったあとの世界で』の変奏曲のような。

ただし「めぐりあい」は『海を失った男』版の新訳「シジジイじゃない」のほうがわかりやすい。
こちらの『一角獣・多角獣』版はやや説明不足。


【日記】14年10月07日 体重58.7kg

五時起床。
その後、仕事場で二度寝……六時半頃目を覚まし「こんな格好で寝ていたら首の筋がおかしくなる」と寝室に戻って本格的な睡眠を開始……八時起床の九時間睡眠!
朝寝坊で猛烈に出鼻をくじかれる。
早起きするため前日からいろいろ工夫していたことが、全てからまわり。
早起きのためにすることの強度をさらに上げなければ。

図書館に寄ったついでに、
一〇時五七分より光ヶ丘公園を二三分ジョギング。
銀杏の実が地面におちて潰れ、異臭を放つ季節になった。
子供たちがドングリ拾いに走り回っている。
McDonald & Gilesのアルバム『McDonald & Giles』を聴きながら走る。
普通。悪くはない、ただしめちゃくちゃよくもない。

iPod touchが定期的に
「このコンピューターを信頼しますか?」
と聞いてくる。
購入して一ヶ月も経っていないのに信頼するかどうかわからない……

二三時就寝。
 

この日ほか記事一覧


【食】14年10月07日

朝食:ネギゴマ豆腐、ジャガイモ、サーモンとセロリとタマネギのマリネ、豚タンとチキンナゲットと煮玉子とソーセージとトマトとレタスのサラダ。

2014-10-07_090930.jpg

昼食:チキンナゲットとソーセージ、マグロ丼、サーモンとセロリとタマネギのマリネのせ海藻とトマトとレタスのサラダ、キノコとタマネギのポン酢炒め。

2014-10-07_123904.jpg

夕食:豆乳にフルーツグラノーラ。

2014-10-07_175112.jpg