月別アーカイブ: 2014年1月

【映画】『ゼロ・グラビティ』:ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞

この映画を観て、
宇宙怖イ行キタクナクナッタ!
と言う人が周囲で続出しているが、僕から言わせれば大宇宙の真ん中で地球を見おろしながら一瞬で死ねるならいいじゃん。
何ヶ月もかけて地味に病院や自宅で癌で死にたくない。

IMAX3Dで観ると自分が宇宙を彷徨っているかのような錯覚に陥る。
視覚効果、容赦の無いシナリオ、キャスト……全てが愛おしい。


【日記】14年01月01日(水) 体重61.8kg

朝寝坊、五時四五分起床。

九時九分より光ヶ丘公園を四〇分ジョギング。
Tony Banks『Still』を聴きながら走る。

一一時外出。
一一時三〇分よりユナイテッド・シネマとしまえんにて映画鑑賞。
『ゼロ・グラビティ』

一四時、どこかで食事しようと練馬まで移動するが正月で営業していない。
仕方なくマクドで昼食、ダブルチーズ−バーガーセット。
一五時半帰宅。
二二時半就寝。
 

この日ほか記事一覧


【本】『千の顔をもつ英雄(上下)』ジョセフ・キャンベル

この本で扱われている、前提となる世界の神話が身近でない。
専門用語も難しい。
読み進むことが非常に困難。
でも頑張る。

上巻と同じく難解だけれども、読み進んでいくうちに情報の重複部分が増え、スポンジに何度も絵の具を染み込ませるように、自分の理解が少しずつ深まったことを実感。
現代まで残った神話は必然があって語り継がれたということで実話、創作を論じないところが興味深い。


【日記】14年01月03日(金) 体重61.9kg

朝寝坊、五時半起床。

九時二四分より光ヶ丘公園を四四分ジョギング。
Queensrÿche『Empire』を聴きながら走る。

二三時半就寝、寝付きが悪く深夜まで布団の中でむなしく寝返りを打ち続けている。
 

この日ほか記事一覧


【日記】14年01月04日(土) 体重61.9kg

朝寝坊、七時前起床。

一〇時三三分より光ヶ丘公園を四三分ジョギング。
Banco Del Mutuo Soccorso『Darwin!』を聴きながら走る。
心地よい。

二二時半就寝。
 

この日ほか記事一覧


【日記】14年01月05日(日) 体重62.7kg

目覚ましをセットし忘れ六時起床。
 
八時に外出、九時に大塚の図書館、一〇時に新宿の世界堂。
帰宅すると駅前に置いていた自転車がパンクしている。
駅前のショッピングモールに自転車を修理に出す。
光ケ丘の図書館へ寄ってから帰宅。

一六時二一分より光ヶ丘公園を四二分ジョギング。
Arti E Mestieri『Articollezione』を聴きながら走る。
心地よいメロディー、これはお気に入り。

ジョギングから帰る途中に自転車を受け取り帰宅。
二三時就寝。
 

この日ほか記事一覧


【映画】『しわ』

色の塗り忘れ、線の不統一、同画面上の絵柄の違いが気になって仕方ない。
手描きの線なのに雲や水がデジタルエフェクトなのもひっかかる。
アナログ絵なら許容されていたもの(むしろ味になっていた)が、デジタルになるとあらわになって鑑賞時のノイズに。
考えさせられる、泣ける物語なのに集中できなくて悔しい!


【日記】14年01月06日(月) 体重61.9kg

四時半起床。

年末に録画した「ビッグダディ」特番、正月からこちら毎食時に観ているがまだ観終わらない。
どんだけ長いんだ!
今年は「ビッグダディ」から始まって「ビッグダディ」に終わりそうな予感がする。

一四時一四分より光ヶ丘公園を四五分ジョギング。
風が強く、寒い。
いつも公園の定位置でサックスの練習している人、今日も来ていた。
風と戦いながら吹いていた。
Gryphon『Gryphon』を聴きながら走る。
古楽器をつかっているせいかファイナルファンタジー・クリスタルクロニクルみたいな雰囲気。

二三時就寝。
 

この日ほか記事一覧


【日記】14年01月07日(火) 体重61.9kg

微妙に朝寝坊、五時半起床。

午前は駅前のショッピングモールで買い物。帽子や食材など。
サブウェイで昼食:ローストチキンメルトサンドのセット。
午後、溜まっていた日常のことを済ませようとするが気持ちが空回りして何も為すことができない。
僕は本当にクズ。

二二時半就寝。
 

この日ほか記事一覧


【日記】14年01月08日(水) 体重61.8kg

四時半起床。
一週間かかけて年賀状を描き、今日ようやく送る。

一二時三〇分より光ヶ丘公園を四二分ジョギング。
Gryphon『Glastonbury Carol』を聴きながら走る。

午後から部屋片付け。
去年の正月にドラクエ10をプレイ中、パーティに入ってきた人にひどく罵倒されネットゲームの恐ろしさを実感。
それ以来怖くてアクセスできなかったが金も勿体ないので退会を決意。
一年ぶりにログインするとバージョンアップのデータ取得に五時間……朝からずっとスライム砂時計がぐるぐる回っている。
今日中にはログインは無理だな……

二二時半就寝。
 

この日ほか記事一覧


【映画】『オーガストウォーズ 』

パシフィック・リム的なものを想像して観たら、ロボットはメタファーで実在しない……それはいいとしても正義のロボットが悪と戦う話でなく、主人公を襲う悪いやつがロボットってどういうことよ! 
それを迎え撃つのが実在するロシアの軍隊。

つまりは正義のロシア軍、敵は悪のグルジア共和国(のロボット)という、一般的に知られている構図の逆で戦いが繰り広げられるのだ。
そして国力差で言うと、悪の北朝鮮軍を自衛隊がむかえうつようなレベルの話。
納得がいかなさすぎる。


【日記】14年01月09日(木) 体重60.9kg

四時半起床。
午前中、イラストの下描きをしながら、過去のパソコンの中のデータ整理。

一三時二三分より光ヶ丘公園を四二分ジョギング。
Vanilla Fudge『Keep Me Hanging On』を聴きながら走る。
午後もイラストの下描き。
そして夕方、足掛け二日かけてドラクエⅩの退会手続きをやっと終了する。

二二時半就寝。
 

この日ほか記事一覧


【日記】14年01月10日(金) 体重60.5kg

七時起床。

自分の一日の行動をポイント制にして、月末にたまったポイントを自分のプレゼントにしている。
早起きプラス1ポイント、一冊読書するごとに1ポイント、一本映画観るごとに1ポイント……
しかし、オナニー1回でマイナス1ポイントというルールにより全てのポイントが相殺されてしまう。
むしろマイナス。

自転車で外出。
九時四五分よりユナイテッド・シネマとしまえんにて映画鑑賞。
『大脱出』
鑑賞後、杉並区の図書館で本を借りてから、業務用スーパーに寄って帰宅。

弟夫婦から年賀状が届いている。
子供が三人生まれたとので「お年玉あげに来てください」とメッセージが入っている。
だから会いたくないんだな。

午後はペン入れ、仕上げ、原稿を脱稿。
二二時半就寝。
 

この日ほか記事一覧


【日記】14年01月11日(土) 体重61.4kg

四時半起床。

八時外出、八時半より耳鼻科でアレルギー注射。
一一時診察終わり、大江戸線で移動。
ラーメン大本郷三丁目本店で昼食:つけめん(小)野菜増し。
弥生美術館にて伊藤彦造展。
参考になるところあり、おおいに刺激を受ける。

二二時半就寝。
 

この日ほか記事一覧

      記事が見つからへんねんな〜!


【日記】14年01月12日(日) 体重61.2kg

四時半起床。
眠い。
DVDで映画を観ながら途中で何度も寝てしまい、二時間の映画に鑑賞に倍近くかかってしまう。

一四時四六分より光ヶ丘公園を三五分ジョギング。
Gentle Giant『In A Glass House』を聴きながら走る。

一日ブログを更新している。
二二時半頃就寝。
 

この日ほか記事一覧


【映画】『嘆きのピエタ』

「こんなにお前のことを思っているのに何でわからないんだ!」
韓国映画って、楳図かずおの漫画的な……論理よりも直感、思いが行動を支配する世界だ。
いったんハマったら酒や煙草のように中毒性があるんだけど、ちょっと気持ちが離れてしまうとアレルギー反応が出してしまう。
この映画はまだ入っていけたほうだけど、最後まで違和感が浮かんだり消えたりしていた。

しかし、その違和感が霞むほど度肝を抜かれるラスト!
これだから韓国映画は油断できない。


【日記】14年01月14日(火) 体重61.6kg

四時半起床。

先月末に実家から送られてきたモチを食べていたら二週間で三キロのリバウンド!
この三ヶ月で四〇〇キロ走って痩せた成果がすべて水のバブル。

気持ちを切り替えるため部屋を片付けている。
途中でエネルギー切れ。
いきなり動きが止まり、自分で茫然としている。
精神的な力が欲しい!

二二時半就寝。
 

この日ほか記事一覧


【本】★『英雄誕生の神話』オットー・ランク

メモ:
重要なのは第三章、心理学的解釈における平均的な伝説の図式。

a.英雄は、高位の両親、一般には王の血筋に連なる息子である。
b.彼の誕生には困難が伴う。
(禁欲、長期にわたって子宝に恵まれない、外部からの禁止や妨害、長期にわたって子宝に恵まれない)
c.予言によって、父親が子供の誕生を恐れる。
d.子供は、箱、かごなどに入れられて、水に捨てられる。
(父親かもしくはそれに代わる者の命令で)
e.子供は、動物とか身分のいやしい人々に救われる。彼は、牝の動物かいやしい女によって養われる。
(いやしい人々はたいてい牧人。養われるとは乳を飲ませてもらうこと)
f.大人になって、子供は貴い血筋の両親を見出す。
g.子供は、生みの父親に復讐する。
h.子供は認知され、最高の栄誉を受ける。

神話においては、英雄と父親・母親の正常な関係が阻害されている。
子供は神話と同じような空想をする。(自分の本当の親に認められたい)
その空想は、幼少期の過大評価されていた時代への愛惜の念を表現している。
(成長過程で、子供は両親の庇護によって生まれた幸せな時期が消えてしまうから)
子供の空想(夢)、神話は密接に結びついている。
共通項はこの世界に生まれた理由。
アイデンティティについて語られているという点は同じだが、その差は個人か集団かということ。