月別アーカイブ: 2015年5月

【日記】15年05月01日(金) 体重61.3kg

故障したMacBook Airを店員に見せると
「以前なら液晶の交換は四万円台でしたが、液晶の値段が上昇しているのでひょっとすると六万を超えるかもしれません」
修理価格を確認してもらうと
「九万八千円でした」
今ならMacBook Airの新品は一〇万円から。

五時起床。
ジンマシンの発疹が出てきたので、アレルギー薬を飲む。
途端に眠くなって、一日朦朧としている。

一一時一五分より光ヶ丘公園を三〇分ジョギング。
晴れすぎる。
二七度まで上昇。
Latte E Mieleのアルバム『Passio Secundum Mattheum』を聴きながら走る。
荘厳な合唱曲、こういうタイプの曲に僕は滅法弱い。
教会に通っていたからかあるいはゲームミュージックの影響か。

一五時に電車で池袋へ。
今年一番の暑さ、アスファルトと人混みで熱せられてメチャクチャ暑い。
まず、リブロ池袋本店のアップル製品修理店「クイックガレージ」でパソコン修理の見積もり。
東急ハンズで買物、ラーメン屋「俺の空」池袋店で夕食。
一八時よりシネ・リーブル池袋で映画鑑賞。
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
非常に刺激的な作品で満足して帰宅。
二三時就寝。

この日ほか記事一覧

      記事が見つからへんねんな〜!

【日記】15年05月02日(土) 体重61.6kg

この世界が救われても僕はちっとも嬉しくない。
(FF13のこと)

五時起床。
朝からFF13をプレイ。五〇時間→五三時間。
前回、全滅したラスボス戦を注意深く戦ってクリア。
ラストの、物語の核心に触れる重要な選択が、プレイヤーを介さないムービーの中で行われた出来事で感情移入できないこと甚だしい。
全て他人ごとだ。

一六時一五分より光ヶ丘公園を三三分ジョギング。
晴天、気持ちよく走る。
Keith Tippet Groupのアルバム『Dedicated To You, But You Weren’t Listening』を聴きながら走る。
ジャズ臭の強いこの手の曲は、僕はややもすれば不協和音に聴こえてしまう。
自分の音楽体験の少なさが悔しい。

夕方からドラクエ7を一五年ぶりのプレイ。
このリメイク作はその自分の中の記憶の中より段違いに簡単になっていてスイスイ進む。
プレイすればするほど自分がうっすらとした印象しか覚えていないことに驚く。
それにしてもFF13と違い感情移入のさせ方の巧みさに舌を巻く。
ドラクエ7に限ってはFF13と変わらないぐらいの一本道シナリオなのに、そう思わせない。
能動的にプレイしているかのように錯覚させている。
この世界なら僕は救いたい! と感情移入させる何かがある。
そんなこんなでやめるきっかけが見つからずプレイし続け、明け方に疲労困憊して布団に潜り込む。

この日ほか記事一覧

      記事が見つからへんねんな〜!

【日記】15年05月03日(日) 体重61.6kg

ドラクエ疲れで起きることができない。

昼過ぎに起床、半日がつぶれて今日はもう台無し。
家から出て駅前のショッピングモールで昼食と買物。
買い物帰りの公園、フランス式庭園のベンチでひとやすみ。
日陰で涼みながら団子を食べている。

夜、上京してきた友達と駅前の居酒屋で会食。
帰宅後もずっとドラクエをプレイ、午前一時頃就寝。

この日ほか記事一覧

      記事が見つからへんねんな〜!

【日記】15年05月04日(月) 体重62.2kg

もはや日常の合間にドラクエをプレイしているというより、ドラクエの合間に日常がある。

ドラクエ疲れで定刻に目覚めることができない。
八時起床、九時に家を出て文学フリマへ向かう。

文学フリマは、(最近僕がハマっている)読書会に参加している人から聞いたもので、寡聞にして知らなかったがコミケの文章版のようなものらしい。
大江戸線で大門、浜松町からモノレールで東京流通センター駅下車。
駅前のタリーズコーヒーで朝食兼昼食、元気が出てきたので会場をまわる。
知っている人に声をかけ、好きな作家の同人誌を購入。
移動時間もずっとドラクエをプレイ、一四時に帰宅した後もずっとドラクエ。

一七時より光ヶ丘公園を二一分ジョギング。
光が丘図書館で本の返却貸出ついでに走る。
もうすぐ夕暮れ、空の色が赤みを増している。
Kaipaのアルバム『Inget Nytt Under Solen』を聴きながら走る。
Kaipaは初めて聴いた時はピンとこなかったけれども、繰り返し流していると妙にハマる……むしろイイ!

一二時就寝。

この日ほか記事一覧

      記事が見つからへんねんな〜!

【日記】15年05月05日(火) 体重61.5kg

七時起床。
九時に家を出て、御茶ノ水駅へ。
全電通労働会館ホールでSFセミナーに参加。
一六時に場所移動、本郷三丁目駅下車鳳明館森川別館(東京・本郷)の宿舎へ。
深夜までSFについていろんな話を聞く。
(部屋割が特にないので)初参加で知り合いがいない僕は寝る場所を確保できない。
昔なら同世代が多かったのだろうが僕の世代は極端に少なく、初心者にハードルが高過ぎる。
友達を作ろうにも、話し相手が見つからない。
居場所がなくさまよった挙句、大広間で壁にもたれウトウトしている。

この日ほか記事一覧

      記事が見つからへんねんな〜!

【本】ドミニク・オブライエン『試験にパスする画期的テクニック』

幾つか読み比べた記憶術関係の実践本の中ではいちばんバランスがとれている。
かなり具体的に覚え方が書かれているのだ。
記憶術を会得するためには記憶の取っ掛かりになる材料を事前に作っておかなければならない。

「耳たぶの大きな白鳥が黄色い出っ歯を生やして上階から百円玉が雪崩のように落ちる階段を下まで滑り降りる」
ちなみにこれが三月二六日百円ショップで買い物をする、という僕の記憶メモ。

【日記】15年05月06日(水) 体重61.1kg

ほら、言わんこっちゃない。

明け方、大広間で目を覚ます。
寒い。
九時に宿屋を出ると外が眩しい。
久し振りの朝帰り、フラフラになって一〇時に家にたどり着く。
帰宅してすぐ寝室に潜り込む。
昼過ぎ目覚めるが何も手に付かない。
ひどい鬱の周期に入ってしまう。

一六時五三分より光ヶ丘公園を二九分ジョギング。
晴れた空、心は憂鬱……気分を切り替えることができない。
Kate Bushのアルバム『The Dreaming』を聴きながら走る。
………………かっこいいとは思う。

ひどい鬱。
何か行動する気力が湧かず、仕方なしにドラクエをプレイしている。
深夜未明にジンマシンの発疹が出てきたのでアレルギー薬を飲み就寝。

この日ほか記事一覧

【日記】15年05月07日(木) 体重61.1kg

気持ちを切り替えるために部屋掃除……ということで一年に何百回も部屋掃除する自分。
きっと僕は「ここではないどこかへ行きたい症候群」なのだろう。

一〇時起床。
アレルギー薬の副作用で朦朧としていて意識のレベルが低い。
さらに昨日からひどくなった鬱が全身を蝕み身動きできない。

一四時一七分より光ヶ丘公園を三四分ジョギング。
曇空、しかし暑い。
ジタバタともがくように走る。
Kansasのアルバム『Point Of Know Return』を聴きながら走る。
……以前聴いたときよりも印象がよくなる。
歌を好きになる要素に「慣れ」はあると思う。
繰り返し聴いていると違和感が消えていくのだ。

せっかく運動しても気分が切り替わらない。
欝で何もできないうちに時間は過ぎていく。
さらに気分を切り替えるため、夕方から本格に自宅の模様替え。
特に仕事部屋とクローゼットは集中的に整理。

寝る前に横になってドラクエを始めると眠れなくなり深夜未明までプレイを続けている。

この日ほか記事一覧

      記事が見つからへんねんな〜!

【日記】15年05月08日(金) 体重60.5kg

片付けの合間にドラクエをしていると、いつの間にかドラクエの合間に片付けをするようになる。

また定刻に目覚めることができず九時起床。
髭剃りと歯磨きだけして九時半に自転車に乗って家を出る。
一〇時に大泉学園の歯医者に到着。
帰宅途中に業務スーパーで買い物。

ずっと部屋を片付けている。
夕方、近所の島忠ホームセンターに行き、家具収納のためラックのパーツを物色。
深夜まで整理を続けているが、物量が膨大すぎて永遠に終わる気がしない。

この日ほか記事一覧

      記事が見つからへんねんな〜!

【日記】15年05月09日(土) 体重60.7kg

ようやく部屋片付け終了、ということでドラクエをプレイ。

ジンマシンの発疹のかゆみで目覚める。
服を脱ぐと、無意識にかきむしった跡で全身傷だらけになっている。
アレルギー薬を飲んでまた布団に潜り込む。
一〇時起床するが壮絶な眠気、目を覚ますため外食をしよう……ということでマクドで朝食。
マクドから出た後は光が丘図書館へ向かい、本の貸出返却。
白く濁りはっきりしない空模様。
夕方頃、自室とクローゼットの片づけをようやく終了。
(しかしリビングや寝室や台所は散らかったまま)
夜から、明日の読書会の課題図書である夏目漱石『行人』を読み始める。
文章は読みやすいにも関わらず内容が難しくページをめくる手がなかなか動かない。
途中で中断して二三時就寝。

この日ほか記事一覧

      記事が見つからへんねんな〜!

【本】夏目漱石『行人』

描かれている出来事のレベルで言えば、電話や鉄道、車……現代と基本的には変わらない。
しかし変わらないところが多いとよけい現代との微差が気になる。

主人公の兄が悩んでいることが現代的……おそらく現代なら考えても仕方のないことだと一笑に付されるようなことを真剣に悩んでいる。
(結婚した相手が本当に自分を愛しているのか?)
逆にそれまで(鎖国時代以前)の日本的価値観でもそれはそういうものだと割り切っていたのではないか。
兄は、急激な西洋文化の流入とそれまでの日本的価値観の対立の犠牲者?

僕が今たまたま平行して読んでいる宮部みゆき氏(現代の大衆文学)と違い、実は主人公がどう考えているのかという完全な答えは最後まで明示されない。
主人公を誘うような素振りを見せた兄嫁、それは主人公の自意識過剰だったのか、本当に誘っていたのか。

ニーチェやテレパシーの概念のような物を扱っている。
ギリギリ江戸時代生まれの人が、明治時代の末期に書いた小説に最先端の(同時代の)言葉が出ていることに驚き。
当時は時事ネタを取り入れた流行作家、現代で例えば伊坂幸太郎みたいな感じだったのだろうか。

【日記】15年05月10日(日) 体重61.5kg

エンタメばかり読んでいると、文章の奥にある意図を読み解く能力は上がらないことを実感。

五時起床。
朝食後、粘り気の強い眠気に負け、布団に潜り込みまた二度寝してしまう。
九時ふたたび起床、昨日の続きで夏目漱石『行人』を読み始める。
ギリギリの時刻までかかってようやく読了、読み返して吟味する余裕はない。
一三時半に慌てて家を出て電車に飛び乗る。
電車の中でも読み返しているがなかなかに難しい。

一五時に四谷の喫茶店で文学の読書会。
若者から中高年までの男女が集まって感想を言い合う。
いろんな人の話を聞かないと多様な捉え方を知ることができないと実感。
本をそれなりに読んできたつもりだが、自分の文学的素養の浅さに愕然とするばかり。

一七時前に読書会が終わり三鷹のクロッキー会に向かう。
間に合うつもりで時間を組んでいたのに、人身事故があったため中央線が止まり動かない。
総武線の各駅停車に乗り換え、地を這うようにノロノロ移動。
当然ながら遅刻。
出鼻をくじかれ、クロッキーする手がうまく動かない。
二〇時より懇親会、思っていることがうまく話せないもどかしさに身を焦がす思い。
二二時会場を出て二三時帰宅。
今日の出来事に興奮して寝付けず、午前一時就寝。

この日ほか記事一覧

【本】池谷裕二『受験脳の作り方―脳科学で考える効率的学習法』

最初のハードル、実践するかどうかという説得力を脳科学で担保しているので突破しやすそうだ。
受験だけでなく、仕事や個人的に学びたいことでも役に立つだろう。
人生の折り返し地点に辿り着いたが、コップ半分しか入っていなくてもあと半分と思わず、その半分を最大限活かす気概を見せてやろうと思う。

(メモ)

●記憶の正体は「新たな神経回路の形成
赤色は気持ちをひるませる。
(食欲を昂進する)

●海馬が進化的に未完成……記憶するという行為は新しいことだから進化に組み込まれていない。

記憶するためには海馬をだまさなければならない。

●記憶の干渉……古い記憶と新しい記憶が影響を与え合う(似ている記憶を統合してしまう)

●復習すれば忘れる早さが遅くなる……脳が生存のために重要とみなす
海馬が取捨選択する

●潜在的な記憶期間は一ヶ月…大事な記憶は一ヶ月以内に復習する

翌日に一回目
その一週間後に二回目
二回目の復習から二週間後に三回目
三回目の復習から一ヶ月後に四回目

●参考書は一冊復習を繰り返すだけでじゅうぶん
出力をしなければ記憶を重要とみなさない

参考書より問題集を繰り返すほうが重要

●長期増強LTPを活性化する方法
扁桃体(感情を司る部位)を刺激…エピソード記憶を使う
(LTPはストレスに弱い)

飢餓状態になるとグレリンというホルモンが胃から放出、海馬へLTPを起こりやすくする。
歩く→シータ波
部屋を寒くする→シータ波

●寝る直前は記憶のゴールデン・アワー(勉強にはベスト)

●その道を極めるためには、
大局をつかんで、それを細かくいくつかに切って、細かく刻む。

●恋愛すると頭は悪くなる。
(他の選択を考えさせなくするため)

●学習は「べき乗則の効果」
勉強量と成績の関係は幾何級数の急カーブで成長する
勉強を続けている(努力の継続)と霧が晴れ渡るように見えてくる瞬間がある。

ユリイカ!(ある種の悟りに似た境地)

【本】高橋和夫『イスラム国の野望』

放送大学の高橋先生の授業はここ数年繰り返し観ている。
大学講義らしくないエンタメ要素があるうえ専門家ならではの通り一遍でない見方も入り、考えされることが多い。
最近、ISIL(イスラム国)の日本人人質事件絡みでテレビに出演されることが多くなったが、この書籍はその直前に書かれた本。
だがほぼ最新のISILについての情報が書かれている。

イスラム教が指導者をルックスで決めるケースが多く、アルカイダもやISILもそうだということを知り驚く。
血筋とかルックスとか運命論じゃないか……と思いさらにイスラム教について調べてみると、奴隷から君主になった者(しかも女性)も存在していたり、それ以外の要素も複雑に絡んでいることがわかる。

日本では一部の過激派の印象で危険な宗教と捉えられることも多いが、それは信じている人の解釈の問題。
貧しかったり資源が集中していたりと地政学的に複雑な場所で現在信じている人が多いからそう見えるだけ。
人類の歴史の大きなスパンで見るとキリスト教、ユダヤ教、仏教など他の宗教(あるいは共産党などの政治思想)と変わらない。
むしろ沈滞していた中世のキリスト教文化圏より、はるかに進んでいたのは当時のイスラム圏だった。

国力が、人口と陸軍力と経済力で決まるなら、これから数十年で世界の国力分布は大きく変わるだろう。
大きな力を持ちつつあるイスラム教圏で、現在進行中「アラブの春」の段階のひとつであるISILがどうなるのか、ますます目が離せない。

【日記】15年05月11日(月) 体重61.2kg

服を脱ぐと全身が醜い発疹に覆われ、まるでサナギマン。

早朝、凄まじいかゆみで目を覚ます。
かってなくひどい症状のジンマシンに気も狂いそう、アレルギー薬を飲み二度寝。
九時起床、睡眠不足と薬の副作用で朦朧として仕事部屋で無気力にネットを見ている。
朝食を食べようと冷蔵庫を開けると、何も入っていないので仕方なしに業務用スーパーで買物。

一四時一二分より光ヶ丘公園を三一分ジョギング。
曇り空ただし気温は高い。
Los Canariosのアルバム『Ciclos』を聴きながら走る。
このアルバムはヴィヴァルディ「四季」をロックにアレンジしたものだが、「四季」の旋律は見え隠れするもののあまりにLos Canariosの個性が強過ぎて四季感を感じることができない。
Los Canariosというバンドを楽しむぶんにはじゅうぶん過ぎる以上だが。

二二時、寝室で布団に潜りドラクエをプレイしていると、やめるタイミングが見つけられず二時過ぎまで起きている。

この日ほか記事一覧

【日記】15年05月12日(火) 体重61.0kg

自分の好きなことを納得するまでやらないと、納得がいかない。

八時起床。
午前中は仕事部屋片付けの残った細かい部分(コードやケーブルの整理)など。
午後からイラストのラフ作成、確認してもらうため担当へ送ってから外出。

家を出ると不穏な空模様。
一九時半から新宿三丁目のライブハウスで落語会。
『三四楼&はらしょうミラクル落語』
(先日のSFセミナーで知り合った)立川三四楼氏と、三遊亭はらしょう氏の落語プラスフリートーク。
刺激を受け自分に翻っていろいろなことを考える。
二一時半、会場を出ると台風の影響ですさまじい暴風雨。
最寄りの駅から出ると、折り畳み傘を広げると風で今にも折れそうに変形、道は洪水のように靴の高さの水位プラス路面から跳ね返る雨で腰から下半身びしょ濡れ、外を数分歩いただけで大変な有り様だ。

そんなこんなで寝室でドラクエをプレイしているとやっぱり眠れなくなり二時過ぎまで起きている。

この日ほか記事一覧

      記事が見つからへんねんな〜!

【日記】15年05月13日(水) 体重61.1kg

映画を観てこれだけ意味がわからないことははじめて。
いつも映画を観ながらメモをしているのだが、数行書いてあとは何が起こっているのかメモすらできずただ画面を眺めているだけ。

九時起床、今日も定刻通り起床できず
一三時半に外出、都内は二五度超え、新宿を歩いていると汗ばむ。

一五時一五分から角川シネマ新宿にて映画鑑賞。
映画『神々のたそがれ』(原作 ストルガツキー兄弟『神様はつらい』)
疲労困憊して映画館を出るともう一八時半、夜になっている。
世界堂とビックカメラで買い物して帰宅。

外でさんざんドラクエをプレイしたので今日は大人しく二三時半就寝。
腕に軽いを感じて目を覚ますとジンマシンの兆候である小さな発疹が出ている。
アレルギー薬をしてまた布団に潜る。

この日ほか記事一覧

      記事が見つからへんねんな〜!

【日記】15年05月14日(木) 体重60.9kg

アレルギー薬によって人間性が失われていく。

定刻に起きることができず八時起床。
アレルギー薬の副作用で朦朧としている頭をカフェインでシャキッとさせ、仕事部屋で原稿作業。
正午までに完成させ、担当編集にメールで脱稿。

一五時五六分より光ヶ丘公園を三一分ジョギング。
不穏な空模様、僕の眼のようにどんより濁っている。
濁った空の下を走っていると、自分が見つめる内面世界を自分自身が走っているかのようだ。
Magmaアルバム「Mekanik Destruktiw Kommandoh」を聴きながら走る。
壮大なスケール、このバンドは好きだ。
ヴェルディ《レクイエム》「怒りの日」のようだ。
世界の終わりを告げる者達の凄まじい合唱。

この日も定刻に眠るつもりが、うっかりドラクエをプレイして眠れず二時就寝。

この日ほか記事一覧

      記事が見つからへんねんな〜!

【日記】15年05月15日(金) 体重60.8kg

ドラクエは麻薬。

八時半起床。
ドラクエをプレイしているせいで一日のリズムが崩れていく。
ニコチン・薬物・アルコール中毒患者を僕は笑えない。
ドラクエが悪いんじゃない、僕の弱い心が悪いんだ。
今日から外出時以外はプレイしてはいけないと自分にドラクエ禁止令。
自転車で外出して一一時半から歯医者、帰宅途中に市場で買物。

一五時一九分より光ヶ丘公園を三一分ジョギング。
下校時刻、夏服の女子高生が沢山歩いている。
もうすっかり初夏。
Magmaアルバム『Attahk』を聴きながら走る。
個性が強すぎて昨日のアルバムとの違いがわからない。

今日は大人しくドラクエをプレイせずに二三時就寝。

この日ほか記事一覧

      記事が見つからへんねんな〜!

【夢】僕は修学旅行中、宿泊先に台風が直撃する。

宿舎は(僕が四月に訪れた会津さざえ堂と同じ)中央に螺旋状の階段がある構造で、僕の寝室は最上階の部屋。
夜、強風にあおられ宿舎が螺旋状に大きく回転する。
部屋で寝ていると大きく上下し、クラスメイトは悲鳴を上げている。
宿舎が中央からポッキリ折れしまうのではないか、そんな恐怖で眠れない。

目覚めると台風一過、周囲を見回すと空気が澄んだ山奥の村。
夕方から体験学習のため映画撮影に参加、僕のクラス全員でエキストラで学校の生徒役を演じることになる。
この映画は画期的な資金の節約法が導入されていて、セットも何もない空間で役者は演じ、編集段階で校舎や教室をCGで足していくという。
撮影が始まり、村外れのグラウンドで教室があるつもりで学校生活を演じ始める。
僕は離れたところから撮影風景を見ている。
同じように隣で見ている男子クラスメイトに話しかける。
「昨日、あまりに揺れたから螺旋状の階段が右回りから左回りにひっくり返るかと思った」
僕の行ったことが思いのほか受けてクラスメイトは大爆笑、
「声が入った!」
と撮影クルーに怒られる。

【日記】15年05月16日(土) 体重62.1kg

ドラクエがないと手持ち無沙汰だが、禁断症状にひたすら耐えている。

半袖で眠っていると肌寒さで何度も目覚め睡眠不足。
五時起床、外を見ると雨が降っている。
食事してから仕事部屋で一時間ほど仮眠。

一六時二二分より光ヶ丘公園を二九分ジョギング。
汗と一緒に自分のネガティブな気持ちも流れていけばいいのに。
Magmaのアルバム『Kohntarkosz Anteria』を聴きながら走る。
印象として悪くないので、もっと何回も聴いて個々の曲の違いがわかってくるともっと好きになると思う。

鬱とドラクエを乗り越え、ようやく一日のリズムが元通りになった。
二三時就寝。

この日ほか記事一覧

【本】宮部みゆき『ソロモンの偽証 第I部 事件』

読み始めてエンジンがかかるまで二週間かかった。
この手の本はエンジンがかかると一時間で二〇〇ページ近く読み進められるのに。

ものすごくゆっくりと物語時間が進む。
このまま宮部みゆき氏が定向進化していったら『カラマーゾフの兄弟』なんか目じゃないボリュームなものを完成させそうな気がする。
(『カラマーゾフの兄弟』自体もよく考えるとこの小説と同じくらいドメスチックな事件を扱っているし)
七〇〇ページ以上かけて物語のさわりにしか到達していない、というあたりも似ている。

【日記】15年05月17日(日) 体重61.2kg

やらなければならないことが多過ぎて仕事に集中できないという矛盾。

断続的に眼を覚まし、なかなか熟睡できない。
明け方、右手にジンマシンの発疹が発生、疲れが取れていない段階で起きると全身に広がると判断し二度寝。
八時に目覚めもう一度右手を確認すると、発疹がおおかた消えていて安心する。

一六時一分より光ヶ丘公園を三四分ジョギング。
なにかのお祭りらしく公園中央は人でごった返している。
公園の噴水で子どもたちが水浴びをしていてもうすっかり夏の様相。
Procol Harumのアルバム『A Whiter Shade Of Pale』を聴きながら走る。
表題曲「A Whiter Shade Of Pale」以外のパンチの弱さはご愛嬌、それでも繰り返し聴いていると愛着がわいてくる。
「A Whiter Shade Of Pale」が強いだけで全体的にはバランスのとれたいいアルバム。

二三時就寝。

この日ほか記事一覧

【日記】15年05月18日(月) 体重61.5kg

ジンマシンのかゆみで何度も目覚める。
起きると、全身にうっすらと発疹が広がっている。
八時前に家を出て新大塚の図書館に本の返却したあと、練馬の耳鼻科へ。
一一時に耳鼻科に診察が終わり練馬から江古田のギャラリーへ、先輩漫画家の榎本由美さんの個展を鑑賞。
記帳ノートがないので自分が訪れた痕跡を残すことが出来なかった。
帰宅して、個展に差し入れるつもりで買ったお菓子を食べる。

一六時一八分より光ヶ丘公園を二九分ジョギング。
不穏な空、生暖かい風、落ち着かない。
走ってる途中で膝に違和感を感じ、ショートカットして早めに帰宅。
Procol Harumのアルバム『Grand Hotel』を聴きながら走る。
印象は悪くないが、普通。

意識レベルを下げるのがいやでアレルギー薬を飲まずにいると、間断なく身体のそこかしこに発疹が現れる。
午前〇時就寝。

この日ほか記事一覧

      記事が見つからへんねんな〜!

【日記】15年05月19日(火) 体重61.5kg

ひとつ生まれひとつ消える……

かゆみで熟睡できず、八時半起床。
吐き気が収まらず、体調がすこぶる悪い。

一日仕事部屋で漫画を描いているが、午前中は買物や身の回りのことなどで集中できず、午後からようやくエンジンがかかり始める。
身体のどこかしこかにジンマシンの発疹が現れては消え、作業に集中できない。
二三時半就寝。

この日ほか記事一覧

      記事が見つからへんねんな〜!

【日記】15年05月20日(水) 体重61.3kg

ニュースで「ドローンが……」と聞こえるたびに反応してしまう。どろん!

夜中に発生したジンマシンの発疹を無意識にかきむしり血まみれになって目覚める。
今朝も寝坊、八時半起床。
一日机に向かって漫画原稿。
かゆみが集中力を削ぐ。

一六時二三分より光ヶ丘公園を二五分ジョギング。
散髪屋の後に図書館へ行った後、ジョギングついでにTSUTAYAに寄るつもりが会員証を忘れていることに気づく。
夕暮れのオレンジ色にそまった樹々の間を走る。
Procol Harumのアルバム『The Prodigal Stranger』を聴きながら走る。
九〇年台っぽいポップス……以上の印象は特に無し。

二三時就寝。
ジンマシンで眠ることができず、明け方までかゆみと戦っている。

この日ほか記事一覧

      記事が見つからへんねんな〜!

【日記】15年05月21日(木) 体重61.6kg

朝の雷が嘘のよう、午後は強い日差しそして上がり続ける気温。
何年も続いている僕の人生の雨降りもいつか晴れわたるのだろうか。

四時、激しいかゆみで目覚める。
ジンマシンが悪化の一途だ。

シャワーを浴びて仕事部屋に入ると、窓の外は凄まじい雷雨。
光と爆音と衝撃が何度も繰り返す。
周囲の建物に落雷するたび、呼応して駐車場の車が誤作動を起こして警報が鳴り出す。
道を見ると街路樹が風で折れんばかりに揺れている。
この世の終わりかと思うような光景だ。

六時頃にはすっかり雨が上がり、近所の建物の隙間から朝日が差し始める。
今日はいちにちパソコンに向かって原稿作業。
ジンマシンの発疹が間断なく生まれては消える。

一五時五三分より光ヶ丘公園を三五分ジョギング。
雷雨の片鱗もなく、晴れ渡る空。
しかし蒸し暑いかというと空気が乾燥していてむしろ過ごしやすい。
Locanda Delle Fateのアルバム『Forse Le Lucciole Non Si Amano Più』を聴きながら走る。
一曲目のインストは奇跡のような美しさ。
なのに二曲目以降、野太い声のボーカルが出てきて、繊細さなメロディを打ち消してしまう。
いっそ全てインストならよかったのに!

二二時半就寝。

この日ほか記事一覧

      記事が見つからへんねんな〜!

【本】宮部みゆき『ソロモンの偽証: 第II部 決意』

何が偽証なのか、物語の肝になる言葉に一四〇〇ページ読んでもまだ到達しない。
少なくともどういう部分が物語(事件でなく)の焦点なのかもう少し絞ってもよかったのではないかという気がする。
自殺/他殺された少年の真相を調べる……ということは、確かに学校レベルなら大事件だが、大人が長時間かけて読む小説としては推進力が弱い。
第I部で『カラマーゾフの兄弟』を想像したが、第II部に限って言うと『カラマーゾフの兄弟』ほど普遍性がない。
自分や自分の周囲にいる人が抱えている問題とずれたところに登場人物がいるから、ちょっと引いて見てしまう。
宮部みゆき氏というブランドがなかったらおっつかっつ読んでいなかったかもしれない。

【本】グレッグ・イーガン『白熱光』

何度もイーガンを読もうとして挫折した挙句、満を持しての初読了イーガン!。
難しい! 
この手の厚さの本なら三〜四時間で読破かな〜と思って手に取ってみたものの、読み終わるまで一〇時間以上かかってしまう。
国語力の問題でなく細部が理解できないことがもどかしい。

あとがきで作者自身がこの『白熱光』を読んだ人に共通の誤読があると四つあげていたが、多くの人がそう誤読してしまうのなら、書き手の問題もあるのではないか?

(SFをかなり読んできたのが)自分がジャンル小説としてのSFが苦手だということを実感する。
要素としてセンス・オブ・ワンダー要素が入っていると楽しめるが、純度の高いSF小説は読んでいて楽しさより苦痛が勝つ。
(自分はSFを好きだと思って読んできたけど、雰囲気が好きなだけで本当はもっと自分に合うものが他にあって、SFに傾けた自分の時間は無駄だったかもしれない)
好きとか嫌いは恋愛や宗教と同じなので、何がスイッチになっていきなり好悪が逆になるかわからない。

……………………

(15年06月10日付記)
上記のようなことを読了後つらつら思っていたのだが、時間が経ってもう一度考えてみると自分が好きなものは極端なモノや変なモノ。

論理と感情で、感情が勝ってしまい『白熱光』を受け入れなかった自分だが、逆に論理で考えるとこんな偏った小説は滅多にない。
自分はこんな「変な」小説と出会ったことを素直に喜ぶべきではなかったのか。
歴史に詳しくないとわかりにくい小説もあれば、文学的に高度な小説もあるだろうし、人の機微に長けていないと理解できない小説もある。
数学や物理学や天文学に精通していないと理解が難しい小説もまた「アリ」だ。

ということで三週間経って、自分の中で『白熱光』の評価が高まっている。

【日記】15年05月22日(金) 体重61.2kg

久し振りにジンマシンと無縁な朝。

五時に目覚めて仕事部屋に移動するが、寒さと眠気に耐え切れず二度寝してしまい結局七時に起床。
浴室に入るため服を脱ぐと全身にジンマシンの兆候、小さなポツポツ。
シャワーを浴びているとポツポツが自己主張しだし、ジンマシンの発疹となりみるみるうちに広がっていく。
浴室から出て朝食を終えた頃にはジンマシンは消えていくが、油断はできない。

朝、買い物に行ったほかは部屋にこもりっきりで読書。
二三時就寝。

この日ほか記事一覧

【日記】15年05月23日(土) 体重60.8kg

無限回転走馬灯地獄……

ジンマシン、就寝中には現れず。
五時、鳴り続ける目覚ましを無意識に止めてしまい、目覚めると八時。
シャワーを浴びようとして服を脱ぐと小さな発疹を見つける。
ひと浴びするとジンマシンはいっせいに全身に広がる。

一四時に自転車で外出、一五時から西荻窪のカフェで読書会。
課題本はグレッグ・イーガン『白熱光』。
僕には手に余る内容、いろんな人の意見を聞きながら理解していく。
懇親会に参加、楽しいひとときを過ごす。
新しい人との出会いをもっと大切にしなければと思う。
モスバーガーで休憩して帰宅すると二二時。

布団に入るが興奮してなかなか寝付けず、本を読んだりしているがますます目が冴える。
〇時頃、強制的に電気を消すが、ずっと天井を見上げているうち不快な記憶が浮かび始め止まらなくなる。
一睡もできずあまりの苦しさに、明け方、仕事部屋へ駆け込む。
食事してから本を読んでいるととさすがに眠くなってくる。
六時頃、寝室へ戻ると寝付きは悪いけれども少しずつ意識が朦朧としてきて、つかの間まどろむ。

この日ほか記事一覧

      記事が見つからへんねんな〜!