月別アーカイブ: 2011年1月

【日記】11年01月のこと

1/16
朝からずっと漫画を描いている。
昼、買い物にいく。
夜は久しぶりに秋刀魚を焼いて食べた。
味噌汁に納豆、菜の花のおひたしを共に食す。 

   ※   ※   ※   ※   ※

1/17
夕方、あることで自らも大きな精神的ダメージを受けてしまう。
何もできず、ずっと部屋で横たわっている。
どうして人はみな幸せになれないのだろうか。
電灯をつけたままうつらうつらしているといつの間にか朝。

   ※   ※   ※   ※   ※

1/24
朝七時に家を出て品川で八時四〇分、編集S氏と待ち合わせ。
新大阪行きの新幹線に乗車。
車内で凄まじい眠気に襲われ、自分の身体が物理的にまどろみの世界に引きずり込まれて意識を失う。
梅田芸術劇場にてミュージカル鑑賞後、西成区で串カツを食べてから新幹線で大阪から東京へトンボ帰り。
帰宅したのは二三時。

   ※   ※   ※   ※   ※

1/25
イラストの下描きをひたすら描いている。

鑑賞した映画DVD
『恋はデジャ・ブ 』
ここ最近観た映画で一番面白かった。

   ※   ※   ※   ※   ※

1/26
イラストの下描き(一〇枚)完成、次のネームに移る。
ネームを描いていると深夜、祖母が亡くなったと連絡が入る。
僕は激しく動揺するが、そんなこと誰に相談できるわけでもなく。
都会の人間関係なんてそんなもんだ。
そりゃ自殺する若者も増えるわけだ。
だけど問題は僕の原稿、ネームができない♪

   ※   ※   ※   ※   ※

1/27
ずっとネームを描いている。
一八時半に家を出て、新宿へ。
ニコニコ生放送『漫画家だらけのハッピーアワー』出演。
皆はS社の新年会へ向かうが、僕はさっさと一人で帰宅する。
YJ編集S氏に連絡しても返事すら届かない。

   ※   ※   ※   ※   ※

1/28
母からの連絡によると、祖母の葬式がしばらく先に延びたとのこと。
宇宙からの特殊な放射線によって蘇った祖母が近所を徘徊して生者の脳味噌を食べ漁っているという…
冬の寒い時期はいつも老人がポックリと大量死、どこの葬儀屋もてんやわんやで商売繁盛、予約が取れないということらしい。
締切間際なので少しホッとする。
夕方近くなってようやくネーム完成。
ネームを送った後、編集Sさんから返事と悲しいお知らせ。
なんとこの漫画の掲載誌が今月号限りで終わってしまい、四年続いた連載が無くなるとのこと。
いろんな意味で打ちひしがれる。
一人でセルフタイマーにてポーズ撮影、下描き作業に入る。

   ※   ※   ※   ※   ※

1/29
早朝起きて下描き完成。
ペン入れを九時から始めて夕方までに終わらせる。
完成原稿を編集部に送った後、金券ショップへ明日帰郷するためのチケットを買いに行く。
早起きするため二一時には布団に入るが、ひっきりなしに電話が入って眠ることができない。

   ※   ※   ※   ※   ※

1/30
始発の新幹線で大阪へ向かう。
高槻で弟と合流、母の実家藤井寺へ向かう。
祖母の葬式にて親戚、従兄弟たちと二〇年ぶりに顔を合わせるがほとんど見覚えがない。
挨拶をしてもこちらに興味がないようで、気まずい空気のまま式はつつがなく進む。
火葬場で祖母の焼けて小さくなった骨を箱に入れる。
僕は仕事があるので、父に一足先に車で送ってもらう。
途中スシローで食事してから 高槻駅でJRに乗り新幹線で東京へ戻る。
帰宅すると先週からの睡眠不足のせいか身体の節々が痛む。

   ※   ※   ※   ※   ※

1/31
ネームを頑張って描いてはいるがどうも面白くならず、七転八倒している。