月別アーカイブ: 2017年6月

【日記】17年06月30日(金) 体重65.2kg

六時起床。

朝から外は雨が降り続けている。
朝から漫画の直し続き。
九時前、雨が一瞬やんだので駅前の銀行ATMへ振込みに向かう。
パソコンで作業を行っているため、液晶タブレットでからの放熱で部屋が蒸し暑い。
六月で早くも室温三〇度超え。
全裸になったり、お腹が冷えてきたので短パンタンクトップになったり。
夕方、下井草の図書館でダイエット本などを借りてくる。
二三時まで漫画作業。
午前〇時就寝……布団に横たわっても、一日パソコンに向かっていたので神経が昂ぶってなかなか眠れず困っている。
 

この日ほか記事一覧

【日記】17年06月29日(木) 体重64.6kg

五時前後に不意に目を覚まし、起きたりまた眠ったりまどろみの境界を行き来している。
六時起床。

六時四四分より光ヶ丘公園を三九分ジョギング。
久しぶり起き抜けに走る。
水分を含んだ林道、湿気を含んだ匂い。
シャワーを浴びたにも関わらずまだ眠気が取れず朦朧としている。
Porcupine Treeのアルバム『In Absentia』を聴きながら走る。
前日の続き、好きな雰囲気。

部屋にこもって漫画直し。
ようやくネームの直しが終わったので、絵の直しを始める。
一八時過ぎ、業務スーパーで買い物。
二二時寝室に移動して読書、二三時就寝。
 

この日ほか記事一覧

【日記】17年06月28日(水) 体重64.4kg

六時に寝室から出る。
いつもと同じ時刻に起きただが眠気がひどくて行動できず、二時間仕事机にうつ伏したままで目覚めるともう八時……僕は日によって体調に差がありすぎていつも同じリズムで生活するのがとても困難。

朝食で食べた「オリエンタルの台湾カレーミンチかけライス」の箱の中にプレゼントの当たり券が入っていたので、応募してみる。

朝から雨が降っていたが、昼前にはやんで雲間から一瞬晴れ間が見える。
部屋にこもって漫画直しの続き。
パソコン上で文章を考えていてもうまくいかないので、ノートに手書きで図にして書くと、アイデアがダイレクトに浮かんでくる。思考にクッションを挟んでいるもどかしさがない。
まだ僕はデジタルで思考ができる世代じゃないみたいだ。

一七時一九分より光ヶ丘公園を四二分ジョギング。
曇り空、灰色の暗い空の下を走る。
PORCUPINE TREEのアルバム『 Lightbulb Sun』を聴きながら走る。
陰鬱な灰色な空にピッタリはまる、アンニュイな雰囲気。

夕食後も漫画作業。
二二時に寝室に移動して読書、二三時就寝。
 

この日ほか記事一覧

【日記】17年06月27日(火) 体重64.1kg

六時起床。
朝起きたら岐阜県のWindowsでFirefox使っているやつにGoogleのアカウントを乗っ取られている。
なんとかパスワードを変えて手続きを済ませると小一時間過ぎている。
外は小雨が降っている。

雨がやんだので、九時前に家を出て銀行でお金の振込み。
帰宅してしばらくして睡魔に襲われ眠る。
仮眠後、眠気がなくなって頭がクリアになったので、昨日の漫画直しの続きを始める。
途中でどうにもつながりがおかしくなって、頭を抱え込む。
漫画のなかの論理のつながりをこんなに悩む自分は一般的な漫画を描くことに向いていない。
多分他の人とこだわる部分が違いすぎるのだ。
そこを売りにするしかないかもしれないが、果たしてそこに需要があるのか。

一七時一九分より光ヶ丘公園を四二分ジョギング。
曇り空、湿気の強い林道を走る。
Popol Vuhのアルバム『Future Sound Experience』を聴きながら走る。
今までの総決算のようなアルバム。
聴き覚えのある旋律が何度も繰り返す。

二一時まで漫画の直し。
寝室に移動して読書、二三時半就寝。
 

この日ほか記事一覧

【日記】17年06月26日(月) 体重64.8kg

寝苦しくて一晩眠りが浅い。
六時起床。
窓の外は雨が降っている。

部屋にこもって以前描いた漫画の直し。
読み直していておかしい部分があることはわかるのだが、具体的にどう直せばいいのかわからない。
ちゃんと睡眠をとっているはずなのに、頭の後ろが霞んでいるみたいに上手く働かずイライラする。
加齢による脳の劣化?
昼過ぎに仮眠すると少し脳がクリアになったような気がする。
それもあってか、漫画を読み返していてようやく違和感の正体(プロット上のミス)を発見。

朝は雨降り、昼前には曇り空から徐々に晴れ間が見えてくる……と思ったら夕方曇ってきて微妙な空模様。
しかし運動不足は嫌なのでジョギングに出る。

一七時一〇分より光ヶ丘公園を三五分ジョギング。
はっきりしない空、空気はひんやりしている。
子どもたちが広場で野球をしている。
途中で放り出している漫画の続きが気になり、少しスピードを上げて走る。
Popol Vuhのアルバム『Coer De Verre』を聴きながら走る。
普通。

漫画の直しを一九時まで、その後は寝室に移動してDVDで映画鑑賞。
『ロスト・エモーション』
DVDで映画鑑賞『ロスト・エモーション』。
作中曲のひとつを知っているはずなのに思い出せず、気になって映画を中断して調べている。一時間かけてシューベルトの「即興曲集 D. 899(4つの即興曲)」の三曲目だということを思い出す。
https://www.youtube.com/results?search_query=4つの即興曲+D899+作品90+3
たしかこの曲はミヒャエル・ハネケ監督『愛、アムール』鑑賞時で耳にしたときも同じように気になって調べていた……しばらく時間が経ったらまた同じことを繰り返すんだろうな。

二二時から読書、二三時就寝。
 

この日ほか記事一覧

【食】17年06月25日(日)

朝食:カツオかけ玉ネギとセロリのマリネ、トマト、お握り、鶏ムネチャーシュー、キュウリと豚肉の胡麻炒め、リンゴ。

昼食:カツオかけ玉ネギとセロリのマリネ、トマト、豚肉と椎茸のバター醤油パスタ。

夕食:なし。

【日記】17年06月25日(日) 体重64.3kg

六時起床。
外は雨が降っている。

先日完成した漫画原稿の最後の確認。
グレースケールからモノクロに変換する作業。
PhotoshopからCLIP STUDIO PAINTに移行したばかりなので、勝手がわからず試行錯誤を繰り返している。
その作業が終わってから、保留していた別の漫画原稿のデータをCLIP STUDIO PAINTのために変換している。
ついでに前から気になっていたラストを修正する作業。

夕方、三鷹のクロッキー会に行くため外出。
自転車で行くつもりだったが、空模様が怪しいので電車で向かう。
クロッキーのモデルさん、信じられないような巨乳モデルでおっぱいに目ヂカラがあった。
デビルマンの魔将軍ザンニンのごとく!!
二〇時半に会場を出ると雨が降っていない。
自転車で来ればよかった……往復一〇〇〇円が勿体無い。
二一半帰宅、二三時就寝。
 

この日ほか記事一覧

【日記】17年06月24日(土) 体重65.0kg

六時起床。

八時三五分より光ヶ丘公園を四三分ジョギング。
いつもと違うコースを走り図書館に寄って、本を返却貸出してから自宅へ向かう。
Popol Vuhのアルバム『Letzte Tage ~ Letzte Nachte』を聴きながら走る。
幻想的、宗教的? 

読書会のため本を読む。
ジョギングした後なので疲れて断続的に眠気が襲う。
かと言って爆睡するほど眠くもなく、読書にも眠りにも集中できない。
昼過ぎなんとか読了。
一四時四〇分に外出、雲が多いけれども基本的には晴空、汗ばむ陽気。
一五時半から池袋の喫茶店で読書会。
課題本は円城塔『エピローグ』
出席者の女性、五人中四人は「よくわからない」とのこと。
男性の三人中二人が絶賛。
「よくわからなくはないけれどもわかりやすくはない」は僕の意見。
一七時半に会場を出て、四谷三丁目駅に移動。
一八時から四谷デッサン会でクロッキー。
二一時過ぎ会場を出て帰宅。
二三時半就寝。
 

この日ほか記事一覧

【食】17年06月23日(金)

朝食:豚タンとニンニクの炒め物、ご飯、トマトとレタスのサラダ、納豆。
obake150206-1403

昼食:リンゴ、フルーツグラノーラ。

おやつ:蒸しパン。

夕食:ニンニクとエンサイの炒め物、トマトとキュウリのサラダ、漬けマグロ丼、キムチと豆腐とキノコのスープ。

【夢】僕はマツコ・デラックスの楽屋で彼女(?)が戻ってくるのを待っている。

楽屋に戻ってきてすぐにマツコは服を脱いで全裸になり、さらに背中のチャックを開けて肉襦袢を脱ぐ。
マツコはメディアに出るときだけあの格好で、楽屋では中肉中背の男だった。
そしてマツコがこちらを振り返ると……その顔は同じおねぇキャラのクリス松村。
混乱する僕にマツコは
「わからない? マツコのマツは?」
雷に打たれたように僕は衝撃の事実を知る。
(シャマラン監督映画で世界の秘密を知った登場人物のごとく)
クリス松村の松(マツ)がマツコのマツだったのだ!
クリス松村は、肉襦袢を着るとマツコ・デラックスに変身するのだ。

肉襦袢を脱いで汗塗れのマツコ(クリス松村)に
「乳首を吸いなさい!」
と命令される。
夢の中で僕は
「乳首はちょっと……金玉ならいいのですが」
と墓穴を掘るようなことを言っている。
それから熱く金玉へのこだわりを僕は語りだす。
(現実の僕は金玉のこだわりがあるわけでなく、何故そんなことを言い出したのか思い返すと意味不明)
マツコ自身は金玉に関しては特に興味がないみたいで、この話は曖昧なまま終わる。
そして目覚めたりまた眠ったり、夢と現実の境界線が曖昧になっていく。