【映画】『リンカーンVSゾンビ』

ゾンビ殲滅作戦の陣頭指揮をとるため、リンカーン大統領はシークレットサービスを連れ南軍の砦に潜入する……

DVDに傷が入っているせいか、四〇分前後で映像が何度も行った来たりしてストーリーがなかなか進まない。

ゾンビが音に反応するという設定なのだが、ゆっくり行動するとゾンビの前を歩いてもでくのぼうみたいに突っ立ったまま気づかない。
そんなドン臭いゾンビなのに被害者が増えていく……その理由はまず、リンカーンの説明不足。

敵がゾンビであること、そのゾンビの倒し方を部下にも敵にもちゃんと説明しないから、パニックになった人々が無為に殺されていく。
ちゃんとリンカーンが説明を始めるのは物語が半分近く過ぎてから。

その後もシークレットサービスどおしで喧嘩したり、後ろに立っているゾンビに気づかなかったり、間抜け過ぎる理由で死んでいく。

ゾンビから逃げているうちに線路に上がり込み、機関車に追いかけられて走るシークレットサービスに向かって、
「横切れよ!」
と画面越しに叫んでしまう。
……轢かれて即死亡してしまったが。

DVDに傷がついていること関係なしに進まないストーリー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です