【本】『怪奇小説という題名の怪奇小説』都筑道夫

怪奇小説をの連載を依頼された著者が、海外の推理小説から盗作してでっちあげていると、それに呼応するように周囲で不思議な出来事が起こる……

時折、思い出したようにこの著者の本を読むことがある。
読むたびに凝った構成の中に耽溺してしまう。

著者の周囲で起こった実話かと思って読み進めているうちに、私小説風に描いたフィクションだということに気付く。

ラスト、江戸川乱歩の少年探偵団シリーズのように現実的な解決をするかとおもいきや、より非現実なラストに着地、これは怪奇小説というよりSF……循環構造を持ったメタフィクションだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です