【本】『不思議の国のアリス』ルイス・キャロル ヤン・シュヴァンクマイエル(挿画)

ヤン・シュヴァンクマイエルのイラストが要らなすぎる。

昔からアリスはピンとこなくて、今回の再読もあまりピンとこなかった。
何よりも夢オチってのが安易でよくない!

夢前提で読み込むと逆に、夢というには整合性がありすぎて物語臭かったり。
『不思議の国のアリス』が何で人気があるのか、わからない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です