【本】『ゴーグル』豊田徹也

短篇集。

氏の長編『アンダーカレント』はあまりピンとこなかったのだが、短編はかなり僕のツボ。
独特の空気があって、ささくれだった物語であってもどこか清涼感が漂う。

表題作『ゴーグル』が物語として一番好み。『とんかつ』の女性キャラクターも新鮮。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です