【映画】『この空の花 -長岡花火物語』

CGなどパッとみえる画面が、NHKスペシャルの再現ドラマみたいな印象。
フェイクドキュメンタリー風だけど、キャストは知名度の高い俳優使っているからフェイクではないみたい。なのにこの映画のモデルになった人も出てくるからやっぱりドキュメンタリー風?
脈絡なく知名度の高いタレントを演じさせたり、歴史と登場人物の年齢に矛盾があったり、震災のエピソードを唐突に重ねたり……そもそも花火と戦争の論理の飛躍が通常の感覚では理解しがたく、整合性はなくグチャグチャ、やりたい放題。枝葉末節のノイズにイチイチひっかかってしまい僕は本筋に集中できない。いや、そもそも本筋があるのかわからない。
ノイズをモザイクみたいにギッチリ集めて作ったような、部分的な塊には整合性がないけれども、全体を通して観るとよくわからない鵺のような怪物として成り立っているような……

歯痛と痛み止めの副作用で朦朧としていたこともあり、僕の意識はオーバーヒートしてしまった。
でも空襲から花火に至るシーンの鬼気迫る表現には圧倒された。悪い夢を見そうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です