【本】『七色いんこ(全7)』手塚治虫

登場人物が脈絡なく
「日本の国土ッ!」
と叫ぶ。
びっくりして読み返すが、どうも話の流れと関係ないようだ。
その後も何回か
「日本の国土ッ!」
と繰り返されるに至って、おそらく手塚氏が当時流行らせようとした一発ギャグだろうと解釈する。
法則性がわからないため、どういう意味でいつ使うものなのかはわからないが。

代役専門で舞台役者七色いんこは実は泥棒で……
現実を舞台にした人情話、シリアスな作風、プロフェッショナルが常識外の要求をして活躍する……などブラック・ジャックとキャラクターにいくつか共通項が見いだせる。

僕はリアルタイムで読んでいて(しかしエピローグのみ)、作中の「何もしない演技」ってどうやるんだろう……と想像したものだった。今回読み返してもこの漫画の白眉はエピローグで、僕にとってそれまでの名作劇に引っ掛けた内容の物語はその前振りにしか過ぎなかった。

ところで初読からずいぶん後に手塚氏が語った
「何も考えずに描いていたら、エピローグで偶然それまで張っていた伏線が回収できて我ながらよく出来た!」
そんな意味の文章を見かけた。
だとしたら手塚氏が本腰入れて描いていたのはそれまでの前振り部分で、エピローグこそ適当だったってこと?
当初の意図に反しているけど結果オーライだからいいの?
それはすごいの?
すごくないの?
と混乱した記憶がある……
「日本の国土ッ!」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です