【映画】『シャニダールの花』

先日『狂い咲きサンダーロード』で石井岳龍監督作品を鑑賞したがよくわからなかったので、理解の一助のためこの最新映画を観る。
女性の胸のみ咲く花……恋をすると開き失恋するとしぼむ……女性器……生命を生み出すことができる力の象徴? 
所長や主人公が倫理に反する(と思われる)行動をしても物語上で明確な因果応報がないから、この世界で何が正しいことで何が悪い子とか明確なルールがわからない。ラストもわかるようでわからない。絵面で幻想的な雰囲気、破滅の美学的なことを伝えたかった? いろいろ推測するが、確信はない。
僕は今回初めて綾野剛を認識したのだけれどいつも眉間にシワ寄せている人なの? 黒木華以外の女性キャストが顔立ちの印象が似ていて区別がつかない。製作側の好み? 誰かが刈り上げにしたらもっとよかったのに。

余計わからなくなった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です