【本】『ナスビ女王』手塚治虫

あとがきより、以降少女漫画で扱うことになるテーマのほとんどがここにあるとのこと。
確かに一昔前の少女漫画はこんなイメージだった。身分相応以上の望みを持ったものは没落し、相手を殺すほどの悪意を持ったものは自ら招いた失敗で死ぬ。絵に描いたような因果応報……イソップ寓話。
手塚氏の同時代の他の漫画と比べると、コマ割りが大きくて話のチャカチャカ感が少なく、読みやすい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です