【映画】『2001年宇宙の旅』

中学生のころ鑑賞したときはちんぷんかんぷんだったのだけれども、今回、小説版で予習してから鑑賞したらずば抜けた傑作に思えた不思議。
全て説明しきっている小説版より、象徴的かつ哲学的。
サスペンスタッチの探査船内の攻防もスリリング。

キューブリック監督のモンタージュのテクニック(というよりもはや魔術)はすごい。
スターゲートを超えた後、主人公のポッドが部屋に現れ、急激に老い、最後の晩餐をしてから眠る、それを見つめるモノリス……視線誘導からミスリードを誘わせるようなカットをつないだ一連のモンタージュは、小説を読んだ後にこそ真価がわかる。
人間とコンピュータのサバイバル戦に勝利し、「超人への道」を通った人間が生まれ変わり赤ん坊(スターチャイルド)になって地球へ戻ってくる……R・シュトラウス「ツァラトゥストラかく語りき」が高らかになりだすエンドロール。
ピッタリはまりすぎて恐ろしいくらい。

今回の鑑賞で、これはSFというジャンルで最高レベルの作品でないか、という気がしてきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です