【本】『ジュリエットの卵(全3)』吉野朔実

世にも美しい二卵性双生児の兄妹はいびつな愛で結ばれていた……

単行本の最後までページがまだあるのに、それぞれのキャラクターが一応の幸せを手に入れそうな展開に。
そうなってくると逆にいやな予感しかしない。
「こんな早い段階で幸せが成就したら後は転落するしかないやん……」

果たしてそのとおり、ページがあるぶんだけ中盤をピークにして物ごとがどんどん悪い方へ転がっていき悲劇的なラストにつながっていく。

もっとぎりぎりのページで幸せになったら、その段階で物語が完結したのに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です