【映画】『キリングゲーム』

シーソーみたいにお互いが絶体絶命になったら隙を突いて脱走、の繰り返し。
どちらかが智略で上回って危機を脱するわけでなく、基本的には相手の失点頼み。
展開もあまりメリハリがない。

二人とも歳だからか派手なアクションも少ない。

バカ映画を期待したいたのだけれども、意外とウェットな内容で、戦争、人の憎しみの連鎖を考えさせたりするのだが、それがかえって浅薄(だったら何故巻き込まれたデ・ニーロが拷問するのかその行動が謎)。
いっそバカ映画に徹したほうがある種の教訓を入れることができたような気がする。
いや、きっとそうだ。
そうに違いない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です