【映画】『ビフォア・サンライズ 恋人までの距離 』

映画が始まって三二分でキス。
はや!
 
女は理想主義、感受性の強いロマンチスト。
男は現実主義、不真面目というより真剣に考えることをあえて避けている。
(トラブル、悩みを回避する現実的な方法)

差し障りのない会話。
時折、不穏な空気が顔を出す。
些細な価値観の違いで衝突しそうになる前にお互いその話題をフェイドアウトさせる。
相手を傷つけたくないから、寸止めで気を遣いあっている。
二人の関係は、ものすごく近づいたら壊れそうなぐらい儚い。

本当に仲の良い男女は喧嘩しても別れないが、そこまで踏み込む勇気(自信)がない。
お互い一晩限りの関係だから大切にしたい。
でもセックスしたらお互いの本質がむき出しになる。
せっかくの美しい思い出が性欲が理由だと思いたくない。
(しかしそもそも男女が惹かれ合う理由の根源は性欲だ)

……ニントモカントモ煮え切らない話。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です