【本】『魔法屋敷』手塚治虫

科学文明の発達に腹を立てた悪魔大王が、科学者に魔法で対決を挑む話。
悪魔側はただ単に人間を怖がらせることが目的なのに、科学側は容赦なく爆弾や武器、溶解液や病原菌で悪魔の虐殺を繰り返す……という文明批判?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です