【日記】19年07月30日(火) 体重66.3kg

八時起床。

ようやく頭痛やだるさが消えたので、ペン画の続き。
ぶっ通しで八時間、完成させてグループ展に搬入。
額装して京都へ向かう。
駅から地上に出て、京都の暑さに白目を剥く。
ガンガンに熱せられた岩の上を歩いているみたいだ。

京都の友達のグループ展に搬入したら、先週友達のギャラリーに東京から取材が入って、取材に来たのが僕の知り合いのライターで、僕の悪口や個人情報を友達にさんざ吹き込んでいったことを知る。
世界の狭さを思い知ると当時に、人の悪意って底知れない……と実感。
本人が気づいていない(?)からたちが悪い。

帰宅、高槻駅で降りてまた暑さにぐんにょり。
大阪と京都の暑さは東京都は質が違うような気がする。
大阪から京都まで自転車で往復して大学に通っていたなんて、あのころの僕は頭おかしい。
夏なんか死ぬやろ。
大学一年のとき自転車で帰宅途中、突然の夕立に雨を避けようと竹やぶの中で立っていた記憶があるけれど、あれはちょっとしたセルフおばけだ。

夕食後、実家の自室でぼんやりしていると、窓の外でブロンブロンブロンブロン!
大阪では暴走族がまだ現役で走ってる。
特攻服でニケツしてエンジンふかして行ったり来たり、実家前の道路は今日も大騒ぎ。

そういや僕の中学卒業式は近所の暴走族「夜桜会」のリーダーがマイク奪って暴れていた……そんなことなどを思い出し感慨にふけっていると、サイレンが聴こえてきて、スピーカーから
「救急車が右に曲がります!」の警告。
上から見ていると、暴走族は礼儀正しく止まってよけていた。
そこは遵法意識があるねんな。

二二時就寝。
 

この日ほか記事一覧

コメントを残す