こんな日記を書いた!」カテゴリーアーカイブ

肉体的精神的にメタボらないよう、レコーディングダイエット風に毎日を記録しています。
 
このカテゴリーの目次はこちら→こんな日記を書いた!

【日記】19年11月13日(水) 体重65.3kg

風邪から始まったのどの痛み、せきが二週間経っても改善されず、近所の総合病院から替えてアレルギー専門の病院に行った。
「せき喘息」と診断され薬を処方してもらったのだが、少し症状が改善されようやく睡眠と仕事に支障が出ない程度の症状になった。
ときおり突発的な喘息のようなせきは出るけれど。

六時起床。

単行本漫画企画のコラム作業。
病院や免許更新などに気を取られて、昨日中に終わらせるつもりだったのだが一日遅れで今日ようやく手を付けたわけだが。

原稿用紙二枚のコラム四本、たった八枚……大学の論文なら半日で終わらせることができるものを、ああでもないこうでもないとずっと悩んでいる。
原稿用紙二枚のコラム書くのに二時間かかるとは……

一六時頃、業務スーパーで買い物。
灰色の空、肌寒い空気。

結局一日かけてコラムは完成できず、次の日に持ち越し。

二一時寝室に移動して読書、二二時半就寝。
 

この日ほか記事一覧

【日記】19年11月12日(火) 体重65.4kg

前日せっかく二二時に寝たのに、四時に目を覚ましてしまい眠れなくなって布団から出る。
起きてシャワーを浴び朝食をとったあと仕事を始めると途端にまた眠くなり、七時前に布団に潜り込む。

耳鼻科に行くために目覚ましを八時にセットしたら起きられなくて、九時半にようやく布団から出て身支度を済ませ外出、自転車でフラフラ耳鼻科へ向かう。
ものすごく晴れた空……暑い。

一〇時半到着、耳鼻科はアレルギー科も兼ねているので、喉を見てもらうと「せき喘息」とのこと。
本当の喘息とは違うけれど治るのに比較的時間がかかる(一ヶ月前後)のでじっくり治さなければならない、と言われる。

一一時過ぎに病院を出て、杉並区の下井草図書館に寄った後、石神井の警察へ向かい、免許更新。

写真撮影のことすっかり忘れていて、仕事で部屋にこもって3ヶ月髪を切っていない状態で撮影されてしまった。
美容院に行ってから更新すればよかった。まいったな。

更新の講習会時に編集者から電話が入っていたので、電話で打ち合わせしてから帰宅。
一四時過ぎにようやく昼食。
部屋片付けしてから仕事。
単行本漫画企画の表紙イラスト案のラフ、コラム書き。

一七時に外出して駅前のショッピングモールで買い物。
夕食後また仕事の続き。

疲れ切って二二時就寝。
 

この日ほか記事一覧

【日記】19年11月11日(月) 体重65.4kg

小さい頃、瀬古俊彦氏のモノマネを若かりし日の三遊亭楽太郎(現・圓楽)師匠がよくやっていて、今でも現・圓楽師匠を見ると「瀬古や!」と思ってしまうのだけれど、
最近オリンピック絡みで本物の瀬古氏をテレビで観ると逆に「僕の思っている瀬古」感がなくて愕然とする。
現・圓楽師匠のほうがよっぽど瀬古。

新譜発売から半年遅れて入手した人間椅子の「新青年」の中で「無情のスキャット」がここ二〇年人間椅子で白眉の出来。
キャリア三〇年を超えるバンドで「新作がいい!」ってすごいことだ。

八時起床。
シャワーと朝食後、昼過ぎから打ち合わせがあるので、ラフスケッチを描いている。
単行本漫画企画の四コマ漫画案、表紙イラスト案。
昼食後、一三時に光が丘駅改札口前で編集者と待ち合わせ。

今日打ち合わせした編集者と初めて仕事をしたのは一三年前。
「面倒をみてあげてください」
と編集長に連れてこられた入社したての彼女の一番最初の仕事が僕との取材だった。
緊張しているのかずっと眉間にシワをよせていて
「可愛いのに辛気臭い子やな〜」
と思っていたのだが、
取材に行った帰りに彼女から
「実は同僚からいじめにあっている」
と相談を受けた。
そりゃ眉間にシワも寄るよな。

フリーになった今も相変わらず仕事の愚痴を言っていたけれど。

一四時半に打ち合わせを終えて帰宅、仕事で散らかった部屋を片付ける。
一六時前に近所のコンビニへ買い物に行こうとすると、小雨が降ってくる。
小走りでコンビニついでにポストに郵便を投函して帰宅。

夕食後、書かなければならないコラムの仕事の資料の下調べなどしている。

寝る前に思い出す。
先月の一三日が僕の誕生日だということは、免許更新は次の一三日が期日。 
明日は一二日……二日以内に免許更新に行かなければ。

読書してから二二時就寝。
 

この日ほか記事一覧

【日記】19年11月10日(日) 体重65.4kg

八時に起床。

単行本漫画企画のパソコン仕上げ作業。
トーンで色をつけていく。
正午にようやく最終章の原稿完成、編集者に脱稿。

慌ただしい昼食のあと、本を読み始める。
今日の一五時から開催される、アメリカの小説家カート・ヴォネガット読書会(半年に一度だけ開催される)に参加するため、最近寝る前に少しずつ読んでいた本の続きを読み始める。

一四時に外出、一五時前に九段下駅に到着。

車が少ない割にはやたら警官が多くて、不思議に思う。
どうやら地下工事現場から出土した中生代・ジュラ紀の卵からたくさんの警官が孵化したらしい。
あるいは別の可能性として、九段下に到着したときちょうど天皇パレード中だから、沿道から少し離れた場所にあるここは車も走っておらず行き交う人もまばらで警官だけやたら多い……ということなのかもしれない。

二〇年近くまえに漫画の連載仕事で出入りしていた編集プロダクション前を通ったらビルごと跡形もなくなくなっていた。
当時の担当編集に「どうして編プロ作ったんですか?」と聞いたら「覚醒剤で逮捕された友達をかばって一緒に逮捕された、その友達と立ち上げた云々」とのこと。
あの人達は今どうしているのかなあ。

九段下駅から数分歩いて読書会の会場に到着。
課題本はカート・ヴォネガット『ガラパゴスの方舟』
ところがそこにいたのは主催者(僕と同い年のシステムエンジニア・プログラマの男性)一人だけ。
二人きりで読んだ本の感想を言い合う。

一九時前に解散、飯田橋駅から大江戸線に乗り二〇時過ぎに帰宅。
遅めの夕食を食べてから、二二時に就寝。
せきで眠れず午前〇時まで起きている。
 

この日ほか記事一覧

【日記】19年11月09日(土) 体重65.3kg

七時起床。

八時半から仕事開始。
単行本漫画企画のペン入れ作業。
相変わらずせきで体力を削られていく。
一〇時過ぎに漫画のキャラクターのペン入れを終わらせ、背景のペン入れに移る。
早めに終わらせるつもりが長引いてしまい、昼過ぎようやくペン入れがすべて終わる。

午後から原稿をスキャンしてパソコンに取り込んで仕上げ。
パソコンの動画配信や録画したテレビ番組を観ながら作業。
吹き出し、セリフなどを配置し描き忘れた背景を仕上げているといつの間にか深夜になっている。

明日久しぶりに遠めの外出するかもなので、体力を温存するため午前〇時就寝。
 

この日ほか記事一覧

【日記】19年11月08日(金) 体重65.5kg

……うう、つかれた……ゲホンゲホン

せきで断続的に目が覚めたけれど、八時まで何とか眠ることができた。
二三時に就寝したので九時間睡眠、おかげで睡眠不足という感じはない。

九時から仕事。
単行本漫画企画のペン入れ作業。
せきで何度も中断。

一度せきが始まると、そのあとしばらく仕事ができなくなるぐらい消耗する。
思わぬタイミングでせきが出ると線がずれてしまって台無しになるし、せきが出そうになると指先に力が入ってしまうので、勢いよくグイグイ仕事ができない。

昼前に業務スーパーで買い物。
夕方、郵便を出しにポストに途中で公園を横断。青空が綺麗。

二二時に寝室に入って読書、二三時就寝。
 

この日ほか記事一覧

【日記】19年11月07日(木) 体重64.9kg

加湿器をつけて眠ると随分マシになったが、それでも深夜にせきの発作がはじまると眠れなくなる。

前日二二時に就寝……三時頃せきが止まらなくなる。
仕事部屋に移動してやり過ごし、眠くなってきたので四時前にまた布団に潜り込む。
八時過ぎに目を覚ます。
起きていた時間を除くと九時間睡眠。

シャワーを浴び朝食を摂って九時、病院に向かう。
待合室で待ち続けること二時間、ようやく診察室に呼ばれる。
僕のせきの症状は、風邪というよりアレルギー由来の気管の発作とのこと。
僕のはもともと花粉症やハウスダストなどアレルギーに弱くてそういうものが器官に反応して起こるらしく、口に加える吸引器みたいなものを出された。

一一時過ぎ帰宅、自室や寝室を掃除して、ほこりを掃除機や雑巾で念入りに取りのぞき布団を干す。
自室に加湿器と空気清浄機を持ってきて、稼働させながら仕事を始める。

単行本漫画企画のペン入れ作業。
やっぱりせきが止まらず、苦しみながら仕事をしている。

二二時に寝室に入って読書、二三時就寝。
 

この日ほか記事一覧

【日記】19年11月06日(水) 体重65.1kg

あまりにのどが痛くて眠ることができず、朝四時に寝室から出てシャワーを浴び朝食をとり仕事を始める。
単行本漫画企画のペン入れ作業。
七時前眠くなってきたので、寝室に戻る。
眠いのになかなか眠れず、まどろみの境界線をユラユラしているうちに気を失ってしまい、時計を見ると一〇時。
布団から出てまた仕事の続き。

一四時過ぎ、郵便をポストに出しに行くついでに公園を散歩。
一五分ほど歩いて帰宅。

夜、果てることないせきをしていたら最後に赤いものが口から出て恐れおののく。
明日また病院に行こう。

二二時就寝。
 

この日ほか記事一覧

【日記】19年11月05日(火) 体重65.0kg

八時起床。
前日二三時前に寝たので九時間布団の中。
何回か咳き込んで起きたけど、頑張って長く寝ることができたと思う。
シャワーを浴びて朝食後、九時過ぎから仕事開始。
単行本漫画企画のペン入れ作業。
午前中、編集者から電話が入ったけれど、咳き込みすぎて打ち合わせがうまくできなかった。

冷蔵庫が空っぽになったので、一四時に駅前のショッピングモールへ買い物に行く。
澄んだ青空、緑のコントラストが綺麗。
帰宅してすぐにうがいをしようとすると、上を向くことでのどが圧迫されせき込んでしまい、せきが止まらなくなる。
うがいをするのもひと苦労。

帰宅してまた仕事の続き。
夕方、ちょっと贅沢して近所のマクドナルドでハンバーガーだけ買ってきて、自宅で用意してあるサラダと一緒に食べる。

二三時就寝。
 

この日ほか記事一覧

【日記】19年11月04日(月) 体重65.2kg

眉村卓氏逝去のニュースを読んで思う。

二〇年前、漫画の持ち込みで上京したとき、相方(芸人)の家で宿泊していたのだが、住む場所のない芸人が何人か寝泊まりしていた。
そのうちの一人が文学部出身で担当教授が眉村卓先生だった、という話をしていた。
ちなみに在学中なにを勉強したのか彼に聞いたら「京極夏彦を研究していた」とのこと。

眉村卓氏は、『なぞの転校生』を小学校のとき読んで以来ずっと好きで、小六の読書感想文は氏の『猛烈教師』という短編集だった。
https://www.amazon.co.jp/dp/B000J8TRG6
中学校に入ってからは図書館本棚に長編が並んであったので、図書カードを作ってすぐに片っ端から読んでいった。

お気に入りは『わがセクソイド』だった。
今読むと大人向けの小説で性描写も過激なのだが、自慰も知らなかったくせに妙に興奮したことを覚えている。
それ以降もずっと読み続けた。
『妻に捧げた1778話 』に関しては1778話全てのショートショートを読んだ(今ひとつなのが多かったけれど)。

一〇年経つと読んだ本の印象しか残らなくなるので、読み直すようにしているのだけれど、あたり前のことだが本を読めば読むほど読み返す本が多くなるからその回転が悪くなる。
昔は世界SF全集を五年毎ぐらいにぜんぶ読み返していたのだけれど、二〇〇七年ぐらいを最後に読み返していない。

のどが痛くて熟睡できず、何度も目を覚ます。
湿度に気をつかって寝室に加湿器を置いているのにせきと絡みつく痰で熟睡できず、夢とうつつを行き来している。
昨日は二三時就寝、六時起床……でも疲れが取れない。

朝七時半から仕事を始める。
午前中に単行本漫画企画の下描き作業、最終章完成。
午後からペン入れの用意。

昼食後、郵便を出しに行くついで散歩がてら自宅前の公園を歩く。
青空がきれいなのに、風邪気味でのどが痛いのでそとを気持ちよく歩けず、つらい。
そのあとも調子はよくないけれど、ずっと仕事。
単行本漫画企画のペン入れ作業。

二三時就寝。
 

この日ほか記事一覧

【日記】19年11月03日(日) 体重65.6kg

二二時に寝て八時半起き。
風邪がいっこうによくならないので、目覚ましかけずに寝るだけ寝たら元気になるかと思って寝たら、一〇時間半寝てしまう。
それでも体調がよくなった感がしない。
ここ数日は気をつけてうがい、手洗いをしているんだけれど、いっこうによくならない。
のどの痛みで声が出なくなった。
夢路いとし師匠みたいな感じでしか話すことができない。

銀座で開催されていた友達のギャラリーに伺うつもりだったのだが、断念する旨をメールで伝える↓

すみません、きのう病院で薬をもらったのですが、微熱が下がらなくて今日伺うのは無理みたいです。
行ったら行ったでウィルスを撒き散らしてしまうかもしれないし。
また、こういう機会があれば伺いますので声をかけてください。
今回はタイミングが合わなかった、ということでどうも申し訳ありません。

寝坊したので少しダラダラしたあと一〇時から仕事。
単行本漫画企画の下描き作業。
締切が迫っているのでぶっ通しで二二時まで仕事を続け寝室に移動、二三時に就寝。
 

この日ほか記事一覧

【日記】19年11月02日(土) 体重65.6kg

六時起床。
八時間睡眠をとっているのに、疲れていて熟睡感がない。
せきが止まらずのどが痛い。

八時から仕事。
単行本漫画企画の下描き作業を始めるが、つらくて作業に集中できない。
一旦中断して一〇時頃近所の病院へ向かう。

かかりつけの病院へ行くのは三年ぶり。
前は逆流性食道炎で胃カメラ撮影したとき。

いま流行りの風邪だということで、薬をもらって帰宅。
午後から銀座で開催されている友達の展覧会へ行くつもりだったのだが、大事を取って今日は自宅で休むことに。
といっても仕事を休むわけにはいかず、朦朧としながら机に向かっている。

冷蔵庫が空っぽなので、一五時過ぎ業務スーパーで買い物。

仕事が終わってすぐ二二時に布団に潜り込む。
 

この日ほか記事一覧

【日記】19年11月01日(金) 体重65.5kg

ババンババンバンバン、ア、ビバノンノ♪
バンはフランス語で風呂、ビバはスペインやイタリア語で万歳、アイヌ語で、花はノンノ、ワールドワイドな歌詞だったようだ。
レバノンと関係あるかと思ってた。
レバノンノ♪

七時起床。
前日は二二時就寝で九時間睡眠……少し体調が楽になったように思える。

外は秋晴れのいい天気だけれど、家に引きこもって仕事。
単行本漫画企画の下描き作業。
今やっている仕事全てを再来週で終わらせるつもりだが、どうなることか……

昼過ぎ、郵便を出しにいくついでに公園を横切ると暖かかったけれど、空気を少し吸い込んだだけでせきが出る。

二一時まで仕事を終え、読書して二二時就寝。
 

この日ほか記事一覧

【日記】19年10月31日(木) 体重65.2kg

僕がタラちゃんみたいな足音で走り回っているせいか、マンションの階下の住人が短い時期ですぐ引っ越してしまう。
朝に挨拶に来た礼儀正しい韓国人はとてもいい人そうなだけに心配。

のどの痛みと鼻詰まりで熟睡できず五時に布団から出たけれど、身体がだるく寒気がするのでまた七時に布団に戻る。
どうやら風邪を引いたみたいで、のどのイガイガからせきこみ始める。のどが痛い。

起きて仕事の続き。
単行本漫画企画の下描き作業。

……以前仕事した編集者から電話がかかってきた。
「本来描く予定だった人がイラストが描けなくなったのでその人に似せて描いて下さい。締め切りは三日後に一六枚!」
そんな無茶な発注にも対応して徹夜して原稿を仕上げたらそのあと僕にはナシのつぶて、返事はないし掲載誌は送られてこないし挙げ句に数ヶ月経ったきょう原稿料を値切ってきた。
こいつ、死ねばいいのにね。

冷蔵庫が空っぽになったので、午前中、買い物に出る。
以前よく通った市場に久しぶりに行ったら、規模が縮小していて買うものがなかったので、いつも通り業務スーパーで買い物。
帰宅後、念入りにうがい薬でのどと口内をすすぐ。

その後はずっとお仕事。
二一時に寝室へ移動して読書してから二二時就寝。
 

この日ほか記事一覧

【日記】19年09月30日(月) 体重65.2kg

仕事を終えたあとは寝室で読書、眠くなるまで本を読んでいる。
通常三〇分から一時間ぐらいで眠気に襲われるのだが、面白い本だと読み終わるまで眠れなくなり逆に目が冴えて困る……という話をしていたら、
「つまらない本ばかり読めば眠れるんじゃない?」
とある人に言われた。
そりゃそうだけど、つまらない話をわざわざ読みたくない。

頑張って六時に早起き。

八時七分より光ヶ丘公園を四八分ジョギング。
突然視野が光輝いたあと意識が混濁して力が入らなくなる。
身体がバブルスライムみたく液状化したようになって走れなくなる。
立ちくらみ状態になって視界が暗い。何度も休みながら歩いて帰宅。
#ロッキングオン名盤500
Canned Heat『Hallelujah』を聴きながら走る。
4曲目の「Sic ‘em Pigs」、タイトルにPigが入っている通り豚がフガフガ鳴く声が入っている。
楽器の一つとして鼻を鳴らす音が混じっているのは新鮮!

体調が万全でないけれど、仕事が切羽詰まっているので帰宅してすぐ仕事。
単行本漫画企画のペン入れ作業。
頭が朦朧としているので、なかなか作業に集中できない。
家の外の舗道横の雑草を、職人さんが刈っている。
草刈り機の音が喧しいのと蒸せるような草の匂いに閉口して窓を閉めたら、夏みたいに暑くなる。

編集者Nさんから電話、本格的に急かされて焦る。
二三時まで仕事、午前〇時就寝。
 

この日ほか記事一覧

      記事が見つからへんねんな〜!

【日記】19年09月29日(日) 体重64.3kg

表現の自由を考えるときいつも映画『ラリー・フリント』を思い出す。
ヌード雑誌「ハスラー」が著名な牧師が自身の初体験の相手が母親だったと語る嘘のインタビュー記事を掲載する。
牧師は、名誉毀損と精神的苦痛を受けたとして編集長のラリー・フリントに訴えを起こす。

ところが合衆国最高裁判所で評決は、パロディの内容が一般的に事実であると考えられない内容だから表現の自由が保障されるという判決が下される。
嘘の記事であっても、表現の自由を無効化するための理由として十分ではないと判示したということだ。

あくまでアメリカの判例だが、「表現の不自由展・その後」が展示中止になった問題に少なからぬ示唆があると考えている。

秋の朝は涼しくて起きることに慣れが必要。
慣れずに今日も朝寝坊、八時半に寝室から出る。
頭が動かないので次の行動になかなか移ることができず、シャワーも浴びることなくダラダラ仕事を始める。
単行本漫画企画のペン入れ作業。

一〇時頃、頭をシャキッとさせるためシャワーを浴びる。
日が昇るに連れ夏並みに暑くなり、うどん鍋を短パンいっちょうで食する。
昼食後、脳エンジンがようやくかかってくる。
夕方、涼しくなってきたので外へ走りに出る。

一六時二〇分より成増図書館まで五三分ジョギング。
板橋区の成増図書館が明日から一ヶ月休館になるので、駆け込みで返却貸出ついでに向かう。
たそがれで暗くなりつつある街を走る。
花壇や公園に彼岸花が咲いていて綺麗。
地平線に太陽が隠れる直前に帰宅。
#ロッキングオン名盤500
Creedence Clearwater Revival『Green River』を聴きながら走る。
あまりピンとこないアルバムは何回も聴き返して(最低一〇回)言及できそうな何かを探すのだが、結果的にピンとこないアルバムを一〇回以上聴かなければならないという拷問になっている。
自分が今まで聴いたことのないジャンルの、聴いたことのないアルバム『Green River』に何も感想が湧いてこないのは、もう、仕方のないことだ! 

二一時まで仕事を続け、読書してから二三時就寝。
 

この日ほか記事一覧