【本】町田そのこ『夜空に泳ぐチョコレートグラミー』

チョコレートグラミーを知らなくて、お菓子が浮かんでいる話かと「おいしそう!」と思って手にとっていた。チョコレートグラミーって熱帯魚なのね。
短編集ではあるが、各話の登場人物が次の話に数珠つなぎに現れることで同じ世界観であることを知る。
どのエピソードも独特のマクガフィン中心に話が回る。
弱い者、生きることに不器用な者が、狭い世界を突破しようと試みる過程。
物語技巧のうまさ、感情表現の瑞々しさに唸る。何度もしゃくりあげ涙してしまう。

コメントを残す