【映画】『ミスター・ガラス』

上映中そこかしこで笑いが何度も湧き上がっていた。
世界の仕組みを幻視した統合失調症患者が「俺は世界を変革できる!」とテロを起こすような内容だが、おそらくシャマラン監督もそう本気で思っていて、映画自体が世界に対するテロのつもりなんだろう。
そのぐらい確信がないとクリエイティブなことって突き抜けないよね。
僕も頑張ろ。

映画『ミスター・ガラス』は観るためのハードルが高いけど、『アンブレイカブル』『スプリット』の観た人でなおかつシャマラン監督好きなら笑うこと間違いなしの大問題作(傑作とは言わない)だった。
個人的にはエンドロールで爆笑。

コメントを残す