【本】『ユフラテの樹』手塚治虫

あとがきより、「高い次元で描いた作品ではありません」のでタイトルの由来は「今は思い出せません」とのこと。
推測するにタイトル『ユフラテの樹』はおそらくチグリス・ユーフラテスからメソポタミア文明のシュメール神話の「世界樹の伝説」、エデンの園の「知恵の林檎」、イエス・キリストの「奇跡」、と当時はやっていた超能力をつなげたのではないか。
先の展開を考えずに適当に連載をはじめながら考えたらしいが、綺麗にまとめてしまう手塚氏の漫画力は尋常でない。しかも当然ながらちゃんと面白い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です