【映画】『リーサル・ウェポン』

二〇年ぶり鑑賞。メル・ギブソンが遠くから狙撃しているところしか覚えてなかった。
途中まで自殺した被害者がメルちゃんの元恋人だと勘違いしていた。彼女が自殺したからメル・ギブソンはやさぐれているのか……それは仕方がない、と解釈していたので、途中でそうでないことがわかったらちょっと混乱した。

いま観るとメル・ギブソンがあまり人間兵器(リーサル・ウェポン)でない。最近の『ダイ・ハード』はただの刑事であるブルース・ウィリスでさえもっと超人的な活躍をするじゃないか。
この手の映画はインフレ起こし過ぎ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です