【日記】19年08月20日(火) 体重66.7kg

雨が降っていて、肌寒い。
寒さで空が白み始めたころ目覚め、五時過ぎに布団から出る。
セミの鳴き声もなく静かに雨……夏の終りの予感。

朝から部屋にこもって単行本漫画のペン入れ作業。

九時半頃雨がやんだので、駅前のショッピングモールへ買い物に向かう。
雨対策に傘を持って出ようとしたけれど、晴れ間が増え日が差してきたので、家に引き返し日焼け止めを顔に塗る。


買い物から帰宅時、
「ミ〜ン!!」
飛んできたセミが僕の肩にあたってとまった。


一〇時半に帰宅後もずっと仕事。
おやつに杏仁豆腐。
杏仁豆腐と一緒に缶詰の黄桃を汁椀に入れたら温泉卵になってしまった。

予報ではいちにち雨だったのに、日中は雨が降ることなく夕日まで差している。
日暮れ前後から雨が降り出し、少し涼しくなってくる。
二一時半まで仕事、二二時に就寝。
 

この日ほか記事一覧

【日記】19年08月19日(月) 体重66.7kg

頑張って早起きに成功。
昨夜は二一時半に寝て途中で起きることなく朝まで眠ることができたけれど、眠り自体は浅くて寝苦しい記憶が残り、起きると身体が重かった。
力を振り絞って外へ走りに出る。

六時四五分より光ヶ丘公園を五〇分ジョギング。
湿度は高くじっとりした空気、ぼんやりとした天気。
時間が立つに連れ、青空と曇り部分の境界線がはっきりしてきたけれど、晴れたり曇ったりはっきりしないことは変わらず。
地面にセミの死骸が目立っていて、夏の終わりを予感させる。
The Zombies『Odessey & Oracle』を聴きながら走る。
ゾンビーズという名前に反してさわやかな曲調中心。当時解散直前のバンドが、ビートルズの『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』を真似したら盛大にコケました……というのがこのアルバムの裏話。録音中からメンバー間の人間関係は険悪で、それぞれメンバーは就職先まで見つけており、アルバム完成と同時にバンドは解散。
そんな背景を全く感じさせないすばらしい出来!!
僕としてはむしろ本家の『サージェント…』よりもキャッチーで聴きやすい。柔らかなキーボード(メロトロン)の音に痺れる。

一日部屋にこもっている。
ちょっと暑かったけど、三一度くらいだったので窓を開けるだけでやり過ごすことができた。
汗をかいたらシャワーを浴びて。
合計四回、浴室に入った。

二一時半に仕事を終え、二二時就寝。
 

この日ほか記事一覧

【日記】19年08月18日(日) 体重67.2kg

あまりの暑さに一晩熟睡できず、朝起きた時点で疲れきっている。
温度計を見ると六時前の時点で二八度、こんなのでジョギングに行ったら熱中症で倒れてしまう!
眠気と疲れで身体が動かず、机の前にうつ伏し二度寝。
七時半頃ようやく目を覚ます。
……今朝は本当にしんどかった。

身のまわりの用意や洗濯などして一〇時頃から単行本の漫画下描き作業。
ぶっ通しで一七時頃まで。

夕方、少し涼しくなったので(それでも三三度)散歩に出る。
セミはこんな暑さでも鳴いていて、命を振り絞って鳴いているんだろうなあとちょっと涙が出そうになる。
でも泣かない。
団地のあいだの道を一周りして帰宅。

二一時に寝室に移動していると読書していると眠くて本を読むこともままならず、二一時半就寝。
 

この日ほか記事一覧

【日記】19年08月17日(土) 体重66.7kg

(今日の出来事を要約すると)
鎌倉に行ったけど、同行した人が「食欲がない」と言うので昼過ぎ都内に戻り新宿で買い物していたら「やっぱりお腹減ってきた」とのこと、新宿歌舞伎町の「天下一品」でこってりラーメンを食べる。
鎌倉まで行ったのに、わざわざ新宿歌舞伎町で、京都のチェーン店のラーメン食べるなんて……うまかったけど!


今日は青春18切符を使って、日帰り旅行。
朝七時に家を出て鈍行で鎌倉へ向かう。
九時到着で駅から出るともう暑い。
あらかじめ行こうと決めていたおしゃれカフェでモーニングを食べる。
そのあと鎌倉の駅前商店街を歩いてから、江ノ電に乗って鎌倉大仏を見に行く。
地方のチンチン電車なのに、四両の長さで、ホームは観光客が長蛇の列で、通勤電車並の混雑。
駅から降りて大仏に向かう参拝道も、観光客が蟻の行列のように途切れず続いている。

大仏は思ったより小さく、背中に窓がついていた。
僕の家にしてもいいかも。
「今日は暑いですね〜」
って窓をパカパカ開きながら観光客に話しかけよう。

相変わらず人でぎっしりの江ノ電に乗る。
終点の藤沢駅に着くと一二時半、気温は三五度近くまで上昇。
暑くて何処か見物するどころじゃなくなってきたので東京へ戻る。
新宿の世界堂で買い物。
建物と建物の間を移動するだけで体力を消耗する。
一四時過ぎ、ようやくお腹が空いてきたので、歌舞伎町の天下一品で七年ぶりこってりラーメンを食べる。
外は暑いので長居せず、家に向かう。

一五時三〇分に帰宅、シャワーだけ浴びて何もせず家でボーッとしている。
二一世紀になってばか暑くなりすぎて、夏に出歩く余裕がなくなった。
旅行は少し涼しくなった九月にすべきだった。

二二時就寝。
 

この日ほか記事一覧

【日記】19年08月16日(金) 体重66.7kg

頑張って定刻の五時半に起きたのだが眠くて眠くて……眠気を我慢してシャワーを浴びジョギングに出ると、雨がバラバラ降ってきたのでいったん家に避難。
朝食を食べてから八時頃もう一度走りに出ようと思っていたら、眠気に襲われ気絶するように寝てしまう。
九時過ぎにもう一度走りに出る。

八時四八分より光ヶ丘公園を五〇分ジョギング。
台風や雨で三日ぶりに走ったら、身体が重くて思うように走れない。
風がびゅうびゅう吹いていて、公園の舗道は折れた枝や葉で散らかっている。
台風で散らかった公園をたくさんの清掃の人が掃除していたのだが、コンクリートの縁に必死にしがみついているセミの抜け殻を道具使ってバリバリ剥がすのはちょっと違うのではないか。
台風関係ないやん!

The Small Faces『Ogdens’ Nut Gone Flake』を聴きながら走る。
途中でセリフや、曲と曲をつなぐブリッジ のようなものが入ったり、何かのコンセプトアルバムだということはわかるが、僕の英語力ではわからない。
その中では「Happiness Stan」が僕の好きな曲だが、これも盛り上がる直前に唐突に終わって消化不良。
全体的にそんな感じ。

今日は単行本の漫画下描き作業。
風が吹いているので、窓を開けているだけで涼しくて二週間ぶりのエアコンいらず。
昼食後、業務スーパーへ買い物に出たら晴れてきて、もう暑くて暑くて……でも帰宅したら風が南から北へ吹きぬけて涼しい。

二一時まで仕事して、二二時まで読書のあと、就寝。
横になったら気を失うように寝てしまう。
 

この日ほか記事一覧

【日記】19年08月15日(木) 体重66.8kg

「台風どこに行った?」
って家人に聞かれると必ず
「台風はさっき裏山で椎茸刈りをしていたよ」
って言うようにしている。
あまりにも言いすぎて最近無視されるようになったけれど、今聞かれたら
「さっき二丁目の豆腐屋で台風と会ったけど、おからを買ってから寄るって行ってたよ」
と言うつもり。

朝から雨が降ったりやんだり不安定な空模様。
五時半目覚ましで布団から出て、外を見ると雨が降っているので布団に戻ってしまい、次に起きると八時前。
一〇時間近く眠ってしまった!

土砂降りになったかと思ったら晴れたり、晴れたと思ったら強い風が吹いて雨が降り始めたり、落ち着かない空模様。
きょうは一日部屋にこもって単行本の漫画下描き作業。
昼過ぎ、晴れてきたので家の前の公園を散歩したらやっぱり雨が降ってきたので慌てて家に戻る。
二一時まで作業を続け、読書してから二二時半就寝。
 

この日ほか記事一覧

【日記】19年08月14日(水) 体重66.8kg

今朝はこの夏一番寝苦しくて、眠れなかった。
湿っぽくて暑くて、寝返り打ち続けていましたが眠ることができず、二時から四時まで仕事部屋でクールダウン。
四時頃空が白み始めた頃ようやく眠くなってきたので、布団に入る。

いったん眠くなるともう目覚めることができず、七時半まで熟睡。
二台の目覚ましが鳴り、いつのまにか止まっていることにも気づかず。

朝から絵の練習。
外は雨が降ったりやんだり。
晴れているのに激しい雨が降ったり不安定な空模様。

夕方、外に散歩に出たら風が強く吹いていて、雲間から見える青空がきれい。
二一時まで絵の練習。
二二時半に就寝、今日は雨が降って地面が冷やされたせいかあっさり眠ることができた。
 

この日ほか記事一覧

【日記】19年08月13日(火) 体重66.5kg

昨日雨が降って湿度が高くなったせいでしっとりした布団が気持ち悪く、熟睡できずずっと半分夢うつつで朝までまどろんでいた。
気持ち悪い。
目覚ましを止めて二度寝で目覚めると八時前。
外を見ると雨が降っている。

晴れたり雨が降ったり、不安定な空模様。
昼前に雨がやんだので、時折雨が落ちる不穏な曇り空の下、慌てて駅前のショッピングモールへ向かう。
買い物が終わって建物の外に出たら、からりと晴れ上がった青空から降り注ぐ全身を突き刺す真夏の日差し。
慌てて帰宅。
午後から昨日に引き続き絵の練習。
夕方、曇り空から青空が見え隠れしているので、近所を散歩。
分厚い雲がビュンビュン風で飛ばされ、目まぐるしく天気が変わる。
風が強いので暑くはないけれど、じっとりと身体のまわりを湿気が包んでいる。
二一時に作業を終えて寝室へ、二二時半就寝。 

この日ほか記事一覧

【日記】19年08月12日(月) 体重66.3kg

こんな寝苦しい夜は始めて。気温じゃなく湿度。眠れば眠るほど体力を削られる。
今朝は一時期に比べると随分過ごしやすくなったとはいえやっぱり暑く、目覚ましがなる前にじっとりした暑さで目覚める。

五時三七分より光ヶ丘公園を四九分ジョギング。
薄ぼんやりした空、暑さが内側にこもっているような感じ。
じっとり湿った森の中をダラダラ走ります。
Van Morrison『Astral Weeks』を聴きながら走る。
ぬるいお風呂で半身浴しながら歌っているような、その気持ちのいい歌い加減が、ぼんやりとした朝の日差しの下で走りながら聴くとあまりにもシンクロしていて、音楽と現実の区別がつかなくなる。

今日はいちにち絵の練習。
天気予報は曇りのち晴れ。
洗濯物と布団を干してたら、いきなりの通り雨。

朝はあまり暑くなかったけれど、昼過ぎになると猛烈に晴れてきて、今日も夕方には三五度近くまで気温が上昇
夕方、図書館に行ったら、往復の道の暑いこと!

二一時から読書、二三時就寝。
本降りになる前に取り入れたのに、布団がしっとりして気持ち悪い。

この日ほか記事一覧

【日記】19年08月11日(日) 体重65.8kg

今朝は疲れ切って目覚ましがなっていることに気づかず、複数の目覚ましが家中で鳴り響く事態となってしまう。
(僕は寝起きが悪いので、複数の目覚ましを毎回家中に設置している)
結構長い時間なり続けてようやく、目覚ましがなっていることに気づく。

起きてもしばらくは朦朧としていて何も行動に移ることができず。
最近暑さに耐えきれず布団から出て行動し始めるのだけれど、暑くもなく寒くもないとこうなるみたいだ
いつもより一時間ほど遅れてジョギングに出る。

六時四五分より光ヶ丘公園を五〇分ジョギング。
今日はあまり暑くなく走るにはちょうどいい気温だったが……走っているとすぐに体が火照って汗ダラダラ。
Donovan『 Gift From A Flower To A Garden』を聴きながら走る。
ドノヴァンといえば、トノヴァンこと加藤和彦(ザ・フォーク・クルセダーズやサディスティック・ミカ・バンドのギター・ボーカル)を思い出すが、なるほどかぼそく儚げな歌い方、エモーショナル一歩手前の抑制的な曲の作り方など加藤和彦を彷彿とさせる。
僕は加藤和彦が好きなので当然ながらこの感じは大好物。

帰宅して部屋掃除。
一〇時前に外出して、100円ショップで延長コードやコップを買ってくる。
朝薄曇りだったのに雲はすっかり消え失せ真夏の日差し。
昨日と変わらないぐらい暑い。

午後も頭を仕事モードに切り替えることができなくて、一週間に溜まった些事や、家掃除、日記など書いている。
一七時ぐらいようやく落ち着いて、次の仕事のため絵の練習を始める。

六月から調子悪かった液晶タブレット。
いつものようにペンで画面を押すと
「ピシッ!」
割れてしまった。
ジャストナウお金ないのにさあどうする……

二三時就寝。
 

この日ほか記事一覧

【日記】19年08月10日(土) 体重65.4kg

暑くて熟睡できず。
朦朧としながら着替えて外に走りに出る。

六時一五分より光ヶ丘公園を五三分ジョギング。
朝六時から日差しが強く、あっという間に汗まみれ。
The Beatles『The Beatles』を聴きながら走る。
僕の大学時代、軽音楽部で組んだバンドの代表曲「円周率ロック」は、
このアルバムの「Helter Skelter」に合わせてひたすら円周率を歌うだけのものだった。
青春時代を思い出してキュンとなった。
ちなみにバンド名は、にせウルトラマン(ザラブ星人)。

午前中、昨日までの仕事で散らかった部屋を片付け、次の仕事の用意をしているともう昼前。
少しだけ仕事をして一一時半、外出。

新大塚の図書館に寄ってから一三時に池袋で読書会で知り合った友達Oさんとと待ち合わせ。
昼食をとってから豊島区立郷土資料館を見学。
そのあと二人で事前に読んだ本についての談義……ミスドで読書会。
課題図書は横田順彌『快男児 押川春浪』
一七時前、池袋から都心線で移動。
新宿三丁目駅で下車、世界堂で画材を購入したあと歩いて移動。
新宿御苑前のうどん屋で夕食、四谷図書館で本の返却。
一八時から四谷デッサン会に参加。
友達のTさんも来ていた。
新海誠氏が好きな彼に、ここぞとばかり『天気の子』の悪口を言いまくる。
二一時にデッサン会は終了、疲れ切って帰宅。

二三時半就寝。
 

この日ほか記事一覧

【日記】19年08月09日(金) 体重65.6kg

夜半、凄まじい痛さのこむら返りで目を覚ましました。
足がつって、シャチホコみたいに身体がピーン!
トイレに行くとき足を引きずるくらい痛みが尾を引いているので、一週間ぶりジョギングを断念。

朝から全裸でないと無理なぐらい暑い。
九時時点で、仕事部屋の温度が三〇度超え。
今日から裸族! 
(漫画のタイトルみたい)

暑くならない一〇時前に業務スーパーへ買い物に出たけれど、もう暑くてフラフラ。

しばらく溜まっていた日記を書いてブログにアップ、部屋を片付けたらもう昼前。
昼過ぎから読書。
一六時前、じっくり日焼け止めを塗って外出。
三〇分ほど自転車を漕いで、光が丘図書館に寄ってから映画館ユナイテッド・シネマとしまえんへ。
一六時四〇分から『天気の子』
途中、近所の松屋で夕食。
一七時二〇分から『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』
帰宅すると二二時、編集者からメールが入っている。
昨日送った原稿の直しの指示があったので、すぐ修正して返信。
二三時半、布団に潜り込む。
 

この日ほか記事一覧

【日記】19年08月08日(木) 体重65.6kg

学生から卒業したまま就職をしなかったので夏休みの感覚がまだ抜けない。このまま一生、夏になったら夏休みなんだろう。
今日は夏休みの折り返し地点。

眠りが浅い。
朝、目覚ましがなっていることに気づかないぐらい意識が混濁している。
布団も服もコップで水をぶちまけたように、びしょ濡れ。


五時五〇分より光ヶ丘公園を四六分ジョギング。
朦朧としたまま走る。
朝六時前にも関わらず、もう暑い。
空気が火照っていて、森の中を走ってもちっとも涼しくない。
汗で衣服を重くして帰宅。
自宅に入る直前、脱皮した自分の殻を慈しむように寄り添うミンミンゼミを見る。
『Led Zeppelin:1968Led Zeppelin』を聴きながら走る。
好き嫌いって大きい。
昨日のストーンズはさっぱり頭に入ってこなかったのだが、大好きなツェッペリンはビンビン入ってくる。
ロバート・プラントが「ベイビーベイビーベイビー」とシャウト、僕が「バブバブバブー」とアンサー! すれ違う人が僕の顔を見る!

仕事部屋のパソコンを確認するとイラスト仕事に「更に二枚追加できますでしょうか」という依頼のメール。二日間で一四枚って尋常じゃない。
シャワーを浴び朝食を摂ってすぐ昨日の仕事の続き。
最初は冷房無しで仕事していたけれど、九時過ぎには室温が三〇度を超えたのでエアコンを入れる。
ひたすら仕事、気がつくと夕方。

夕食後、また仕事の続き。
二二時半に原稿完成、メールで編集者に脱稿。
寝室に入ってはじめて、朝布団を外に干したままにしていたことに気づく。
しっとりとしたシーツと布団とタオルケットで気持ち悪いのと、
仕事が終わったばかりでなかなかクールダウン出来ないのとで、
なかなか寝付けず、蒸し暑い寝室でずっと寝返りを打ち続けている。
 

この日ほか記事一覧

【日記】19年08月07日(水) 体重65.9kg

五時半起床。

五時五五分より光ヶ丘公園を五一分ジョギング。
相変わらず暑い。
犬のようにハッハッハッハ!と舌を突き出し見苦しい格好で走っている。
『The Rolling Stones:1968Beggars Banquet』を聴きながら走る。
僕とストーンズは相性が悪い。
何度聴いても頭の中にはいって来ない。
『太陽を盗んだ男』の菅原文太のごとく「ローリング・ストーンズなど、来ん!」

ギリギリまでイラスト仕事、下描きを続けて、一一時半に打ち合わせのため外出。
自宅から自転車で一五分ほどかけて中村橋駅前で編集者Nさんと待ち合わせ。
相変わらず鬼のような暑さ。
一五時前まで打ち合わせ。
帰宅したら、イラスト仕事にさらに追加発注が入り(当初の九枚プラス三枚のイラスト)、ひーこらいって下描きを描いている。
二一時過ぎ下描きが終わったので、途中経過を確認してもらうため編集者にメールで送る。
二二時半、寝室に入る。
 
しかし、顔も見たことのない人と電話とメールだけの打ち合わせで、ひとつ間違ったら真っ白なカラーグラビアが出来てしまうような進行……出版業界って相変わらずめちゃくちゃ。
 

この日ほか記事一覧

【日記】19年08月06日(火) 体重66.1kg

今朝も暑くて熟睡できず、外が明るくなり始めた頃に目覚める。
六時前に走りに出ると、もう暑い。

五時五五分より光ヶ丘公園を四七分ジョギング。
きょうはこの夏一番のセミの脱皮びよりで、無残に踏み潰された大量の幼虫が舗道に転がっている。
僕は早朝からセミの幼虫お助けボランティアに勤しんでいる。
舗道にひっくり返った幼虫をそっと幹に添える。
Scott Walker『Scott』を聴きながら走る。
むかしデーモン閣下が小暮伝衛門と名乗っていたころ「IN MY ROOM ~祇園精舎~」というまんま平家物語を歌詞にした曲を歌っていたけれど、その元ネタ曲である「In My Room」を演奏したThe Walker BrothersのボーカルがScott Walker。
ボーカルのエコーが強すぎて、洞窟から外に向かって歌っているみたいだ。
公園の鬱蒼と茂る森の中を走りながら聴いていると、洞窟から届いた歌声を直接聴いているような不思議なシンクロ状態。

朝食後すぐ外出、練馬の耳鼻科へ地下鉄で向かう。
駅から出てほんの少し移移動するちょっとの間の日差しが殺人光線。
診察の後、新大塚の図書館に向かい本の返却貸し出し。
帰宅すると一一時半。
テレビをつけると今日の練馬は三六度超えでニュースになっていた。

昨日発注を受けたイラスト仕事をしていると、昼過ぎ編集者Nさんから電話がかかってきて、急遽明日打ち合わせすることに。
イラスト仕事をしばし中断、単行本企画の漫画ネーム作業。
仕事でドタバタしているとあっという間に時間が過ぎていく。
一六時前に外出、散髪してから光が丘図書館で本の返却貸し出し後、駅前のショッピングモールで買い物。
日差しが痛い!

夕食後すぐにネームが完成したので編集者Nさんに確認してもらうため、メールで送る。
引き続きイラスト仕事。
二三時就寝。
 

この日ほか記事一覧

【日記】19年08月05日(月) 体重66.9kg

昨夜も暑いけれど風が入ってくると寒く、窓を開けたり締めたりで熟睡できなかった。
五時半に起きて、すぐに走りに出ようと玄関に向かう。
昨晩、区の健康診断申し込みハガキを投函しようと忘れないようジョギングシューズの上に置いていたのだけれど、
朝走りに出るときにはそのことをすっかり忘れてしまって、いつも履いているシューズがハガキに隠れて見当たらないので、別のシューズを履いて走りに出てしまった……

五時四二分より光ヶ丘公園を四八分ジョギング。
今日も今日とて外は暑い。
舗道から公園の森の中に入ると少しましになるけれど、それでも暑い。
森から出て、自宅へ向かうコースに入る頃には汗まみれダラダラ。
The Mamas & The Papas『If You Can Believe Your Eyes And Ears』を聴きながら走る。
暴力的なまでにノスタルジック。
僕が産まれる前の曲だからよく考えたら僕がこれを聴いて懐かしく思うのもおかしな話で、ひとが普遍的に持っている郷愁感に訴えかける曲の作り方をしているということなのだろうか。

今日は九時から区の栄養指導。
攻撃的な指導員にうんざり。
早めに終わって、業務スーパーで買い物して帰宅。

その後は部屋にこもって単行本の漫画ネーム作業。
あっという間に時間が過ぎていく。
夜になって一〇年ぶりの編集者から連絡、イラストの発注。
二一時から読書、二二時過ぎ就寝。
 

この日ほか記事一覧