【本】『ふたつのスピカ(全16)』柳沼行

日本初の有人宇宙船「獅子号」の墜落した街で育った、「獅子号」と少なからぬ因縁をもった少女アスカは宇宙飛行士を目指す……

何年ぶりかの再読。
何度も何度も繰り返し泣いてしまう。

親子の関係、友達の関係が繰り返し描かれている。
恥の多い人生で、僕はこういうことを真っ正面から語る言葉を持ち合わせていない。
(作者の)この感性が眩しくて、僕は日光に照射された吸血鬼のように、どろどろの涙で崩れ落ちそうだ。

宇宙を目指す漫画なのに宇宙について具体的なことは何ひとつ描かれていない。
余分な要素を刈り取っている潔さが格好いい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です