【映画】『デスペラード』

ギターケースを手に男が街にやってくる。しかしその男はマリアッチ(流しの歌唄い)ではなくギターケースの中には復讐のための武器が入っていた……

ロドリゲス監督の前作『エル・マリアッチ』と関連があるみたいで、主人公が見る悪夢に前作のラストシーンを示唆する映像が現れる。
しかし悪夢の中で前作のヒロインを前作の悪役の前で抱きかかえているのは、今作の主人公アントニオ・バンデラスなので直接的なつながりがあるのかないのかわからなくなって混乱する。

しかも今作の主人公が呼んだ助っ人が前作の主人公だから混乱によけい拍車がかかる。

銃撃シーン、見せ場は面白かったが、物語自体は前作より行き当たりばったりな印象。
ブシェミ登場も活躍することなく死ぬし。
ダニー・トレホも何の目的で歩き回っているのかよくわからない。
前作のようにひとつの歯車が狂うことによって事態がエスカレーションしていく、シナリオの面白さはあまり感じられない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です