【映画】『ショーシャンクの空に』

刑務所ショーシャンクに無実の罪で収監された男はそれでも希望を失わず、前向きに生きていくのだった……

二〇年ぶり二度目の鑑賞。
エンタメとしてわかりやすいけれど、その間口の広さが深みを失わせているかというとむしろその逆。
「希望を失わない」というテーマは、学生時代よりも現在のほうが実感として身にしみる。

まったく、僕は今、魂の牢獄に閉じ込められているかのようだ。
「悪いことは長く続かない」
と信じてひたすら頑張ろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です