【本】『度胸星(全4)』山田芳裕

人類初の火星探査隊から連絡が途切れた。
急遽、救出クルー編成のため宇宙飛行士が募られる。
三河度胸は父の遺志を次ぎ、候補生として応募するが……

めちゃくちゃ面白くて、さらに面白くなりそうだったのに、途中で唐突に打ち切られて物語は放り出される。
そのありさまは、テセラックによって火星に取り残されたままの隊員とイメージが重なる。

きっと、この現実世界と繋がった二次元空間で、隊員たちは連載再開を待ちながら今も漂い続けているのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です