【本】『ナサ』浦沢直樹

浦沢直樹氏の初期短篇集。

大友克洋氏、あるいは坂口尚氏、あるいはバンド・デシネ(フランスのコミック)の影響が見え隠れする。
『パイナップルARMY』やこの辺の絵柄の方が僕は今より好みなのだけれども。

デビュー作「Return」の達者なことと言ったら。
浦沢氏の高い漫画偏差値に驚く。

個人的には表題作「N・A・S・A/ナサ」が興味深い。
『下町ロケット』的なことを今から三〇年前に描いていたその先見性に乾杯!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です