【本】『面白いほどよくわかるフロイトの精神分析』立木康介 (監修)

面白いほどよくわかったのかはわからないが、少なくとも専門用語については一定レベルの理解ができた。

用語の説明が丁寧でこの手の入門書のなかでは最も役に立ったように思う。
(あくまで僕の好みだが)

本書とは直接関係ないのだが、専門用語を知れば知るほど細かい言葉の由来が気になってくる。
たとえばユング「分析心理学」だが、他の心理学だって分析するわけで、より多く分析するのか分析の仕方が違うのか、どうして無印の「分析」とだけ特記することになったのか。
今となっては理解し難い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です