【映画】『ドライビングMissデイジー』

偏屈な白人老婆が明るく正直な黒人運転手と交流を続けるうちに少しずつ心を開いていく話。

僕の印象では白人老婆が完全に成長しないまま、映画の終わりを迎えてしまったような気がする。
黒人運転手と出会う前は無自覚だった自分の差別意識がどう変わってどういう行動を起こすか見たかったのだが、もう八〇過ぎたおばあちゃんだし……この映画の締め方ぐらいがリアルということか。

黒人運転手役のモーガン・フリーマンの声が高い。
デブや女性や白人も特殊技術でやってたから、こういうモーガン・フリーマンに似せて老けメイクしたエディ・マーフィーかと思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です