【映画】『LEGO®ムービー』

僕も小さいころブロックで遊んでいて、オリジナルなロボットや怪獣を作っては戦わせたものだ。

この映画はキャラクターはもちろん、海面の波、炎までもがレゴブロックで作られていて、表現が制限されているからこそ生まれる工夫が、コマやページや色が制限されているからこそ広がった漫画表現を思う。

隠喩であったレゴの物語が、何の隠喩だったのか具体化するパートは直接的過ぎるような気もする。
(おそらく自分がそういうメタな物語を見過ぎてしまったからだろうけれども)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です