【映画】『疑惑の影』

『イノセント・ガーデン』、言われてみればこの映画をなぞっている。
家庭に闖入した都会人でおしゃれなおじさん……主人公の少女だけがその異常性に気づく。

しかし多感な思春期の少女でなくてもこのおじさんがおかしいことはあからさまなわけで、
「老いたブタは役に立たない」
「この世界は地獄だ」
「家の中にいるのはブタばかりだ」
叔父さんのチャーリーは人前で無神経な言葉、奇行を連発。
どちらかというと、これだけフラグが立っているのにも関わらず誰も何も気づかない、(少女以外の)家族の無神経さのほうが恐ろしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です