【本】★『神話の法則』 クリストファー・ボグラー

誤植が多いことが気になる。
『許されざるも者』って! 
内容自体は非常にわかりやすかった。
具体的かつメジャーな映画を例えに出しているので僕みたいな白痴でも頭に入る。

14年07月25日再読

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です