【映画】『サブウェイ123 激突』

電車の中で乗客のノートパソコンからチャット中の画像がネット上に流されるが、それが何の伏線にもならない。意味が無い。現代にリメイクしたんだから、これは需要な要素だったのではないか?

ハリウッド映画だからこういうハラハラする演出は仕方がないにしても、身代金を持ってくる警察車両があまりにどん臭すぎる。
カーチェイスでもなくただ単に走って運んでいるだけで、タクシーにぶつかり、トラックにぶつかり、回転して高架橋から落ちてトンネルから飛び出してきた車に玉突き衝突。

ラスト、地下鉄の構内から出た犯人をあくまで追いかける主人公の執念が理解できない。
そこまで執着するほどの敵対もなかったではないか。人質とられているわけでもなく、親友を殺されてもいない。
まあハリウッド的なヒロイズムといえばそうだが、ただの鉄道職員なのに、最後は通行人の車を奪って犯人を追跡。しかも犯人は主人公が追わなければ捕まらなかったというわけでもない、普通に前後から警察に囲まれているわけ状態で、本当に主人公が命がけで銃を向ける意味がない。
トニー・スコット監督の、『サブウェイ123 激突』の次回作『アンストッパブル』
http://matsudanozomu.com/?s=『アンストッパブル』
は、似たような電車アクション映画でなおかつ主人公がそこまでやる動機がしっかり描けているので、この映画は予告編のようなものだと思ったほうがいいのかもしれない。
完結編は次の『アンストッパブル』でお楽しみ! という二部構成の映画。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です