【本】『手塚治虫エッセイ集(3) 』手塚治虫

いろんなメディアに掲載されたこまかいエッセイを集めている。
多角形の宝石のように切り取られた、手塚氏のいろんな面を知ることができる。

「転向マンガ家」
何度も何度も漫画を方向転換して(転向して)、そのたび非難を浴びながらも生き残って来た自負を書いている。
しかし今翻って手塚氏の漫画全集を読みかえすと、細かい表現の違いはあるけれども、物語に対するフェティッシュな愛情、読者への過剰なまでのサービス精神……など手塚氏が手塚氏たる核の部分は終生かわることがなかった、ように見受けられる。
ということはおそらく、その細かい表現の違いが、漫画の本質に関わることなのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です