【映画】『エルマー・ガントリー/魅せられた男』

エルマー・ガントリーが売春婦にハメられ、スキャンダル写真が新聞に掲載された後の、大衆の手のひら返しがすごい。
仮にもキリスト教国家だから、
「あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい」
とイエスが言ったエピソードを知らぬはずがないのに、どんだけ居丈高で責めるんだ。
TwitterなどSNSの炎上は、ネット時代特有のものかと思っていたら、そうでもないのな。
そういえばカトリック国イタリアでも、ファシスト党幹部は吊るされ、民衆の晒し者にされているし。
教会を扱った映画なのにかえって、イエス・キリストから百万光年離れた人間を見てしまう皮肉さ。
この映画における最後の希望の光が、宗教を超えたところにあるエルマー・ガントリーの優しさだった、というのが何とも……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です