【映画】『ブラック・スネーク・モーン』

僕はツタヤディスカスで常に二百本前後DVD登録している。観終わった映画DVDを送り返すと、次のものが送られてくるようになっている。
そんなわけで最初に登録した映画DVDを登録したのはもう数年前、こうなってくると自分がどうしてこの映画を観ようと思ったのか理由がわからないものもあらわれる。
この映画もDVDが届いた当初はタイトルとサミュエル・ジャクソンが出演しているところから、『ブラックホーク・ダウン』みたいな社会派アクションを想像していた。
そんなつもりで観始めたらぜんぜん違う展開。ヒロインが性的な衝動で人格が変わること『エクソシスト』のごとく……彼女がいかつい黒人サミュエル・L・ジャクソンに鎖で繋がれるところから、猟奇的な『ソウ(SAW)』みたいな映画かと推測したら、また一転、違う展開に。
主要人物はみな心に傷を持ち、どうすることもできずにもがいている。サミュエル・L・ジャクソンの突飛な行動が波紋を広げ、本人も含めそれぞれの内面に変化が生まれる。
スタイリッシュではないが、ちゃんと段取りを踏んでいる丁寧な作り。思いがけない感動作に、少し戸惑う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です