【映画】『三重スパイ』

フランスに亡命したロシア帝政の元軍人とその妻……の会話劇。
フランスで有名な事件なのだろうか、実話をヒントにして製作者の解釈を交え作られているらしい。 
登場人物の政治的立場がよくわからないので、何が起こっているか把握できない。
誰が三重スパイなのかわからないまま観ている。
説明を絵でなく会話で行ううえ、その会話が退屈なので眠くて仕方がない。
最後に、ああこの人が三重スパイなのか〜とわかるが、何と何と何の三重だったかまではわからなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です