【映画】『パイオニア』

宇宙空間のような深海の映像から映画が始まる。
昨今の宇宙ブームにも乗っかっているうえ、宇宙に比べ低予算で製作できるし、うまいところに目をつけたものだと思う。
ところが中盤から舞台は地上に移り、クライム・サスペンス風になる。
アクション要素が入って船は爆発、主人公は高圧力の拷問を受け、最初と全然違うけどサービス精神もあるしこれはこれで……と思っていると、実話をもとに作られている映画なのでラストはカタルシスのある展開にならず、落ち着くところに落ち着く。
煮え切らず物足りない。全てが中途半端な印象

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です