【映画】『300~帝国の進撃~』:ユナイテッド・シネマとしまえんで鑑賞

『300』の続編、『300』と同じ時間軸で進行している出来事をアテネ側から描いたもの。
前作と同じ時間軸の出来事なのに、登場人物の主観によって、時間が行ったり来たり場所が転々とするので混乱してしまう。

前回の三〇〇対一〇〇万に比べると戦いは底まで切羽詰まっていなくグダグダな印象。
病んでる女性悪役が新鮮、対して主人公のキャラが薄い。

エンドロールのアニメのほうが本編より格好よかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です