【本】『ワンサくん』手塚治虫

人間以外主人公のもの中心に集められた短篇集。
表題作『ワンサくん』は捨てイヌ、
『らびちゃん』は子ウサギ、
『とべとべるんちゃん』はプロペラ飛行機、
『ぽっかち』は泡の子供、
『海のトリトン』は海棲人類が主人公、アニメタイアップで「たのしい幼稚園」で連載されたもの。
『海のトリトン』を除き何でこんなものを主人公にしたのか首をひねるものばかり。手塚治虫漫画全集も三八〇巻目、そろそろ落穂拾いに入ってきたということだろうか。
特に『ぽっかち』、主人公が「泡」ってちょっとすごいと思う。何でよりによって池の奥底の泡を……手塚氏のことだから締め切りに追われてよく考えずに描いたと思うけれども。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です