【映画】『プラトーン』

理想に燃える主人公がベトナム戦争に従軍。戦争の現実を知るにつれ自身の決断が揺らいでいく……
悪そうな顔の奴が悪いことをする、わかりやすい善悪二元論。エンタメなのに社会派を気取っているのが鼻持ちならない。
ラスト、主人公はカタルシスと引き換えに理想を失い、現実に取り込まれてしまう。
あまりに単純な決着の付け方に、ヘリで撤退する主人公を、悪い上司の軍曹が中盤のデフォーの再登場みたくまだ生きていて、ゾンビのように襲いかかる……そんなエンドロール後の展開を期待してしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です