【映画】『勝手にしやがれ』

白黒の映像は観ている側と画面の中で起こっている出来事との距離を遠く感じさせる。
自分の身近にないことだと思って感情移入することが難しくなる。

ものすごく短いジャンプカットの多様、細かく震えるように見える。
痙攣している役者が多いと最初は本気で思ってしまう。

主人公は刹那的に犯罪を重ね、警官を殺し、逃亡して女の家を転々と泊まり歩いている。
禅問答みたいな会話。
「何故見つめているんだ?」
「見つめているからよ」
こんな禅問答みたいな会話しながら刹那的な犯罪を繰り返すから、アホなのかかしこなのか、そのギャップが理解し難い。
それなのにクライマックス、女が男を裏切り警察へ密告するあたりはその意味不明さが逆にリアルで不思議。
そもそも男女間で起きる出来事が不合理で理解し難いものだから?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です