【映画】『ブロークンシティ』

冒頭の罪をキチンと精算しなかった代償を、主人公が受け入れ、決着させるまでの話。
話が飲み込みづらい。ラスト二〇分ぐらいでようやく面白くなってくる。多層的に出来事が主人公に降り掛かってくるが、それが冒頭に起こったことと象徴的に関連していて非常によく出来ている……と観終わってから思ったが、観ている最中は話を追うのに精一杯だった。

悪玉がラッセル・クロウに似た老けた人だなと思っていたら、ラッセル・クロウ本人だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です