【本】『落盤』手塚治虫

比較的初期の短編が集められている。
表題作『落盤』は芥川龍之介『藪の中』風な物語。
収録作『羽と星くず』について。
赤旗新聞に連載されたSF絵物語。人間によって天使や妖精と思われていた半気体の生命体が落としたエンゼル・ヘアー(ごくまれに空から落ちてくる謎の物質)をひょんなことから裏町に住むカズオくんが拾う、そこから始まるドタバタ。
カズオくんが強制労働の星に送られてしまうあたり、最後はどう考えてもやり過ぎ……というより話に収拾がつけられなくなっている。とってつけたようなラストに脱力。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です