【本】『ピロンの秘密』手塚治虫

カストル星の王子ピロンは大臣の謀反により星を追われ地球へ逃げてきたが……
ラスト一ページの暴力的なハッピーエンドに仰天。
併録『お山の三五郎』
山奥のタヌキの学校に転校してきた少年とタヌキの交流を描く。
当然の帰結でわかってはいるが切ないラスト。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です