【本】『サスピション』手塚治虫

コミックモーニングの創刊時など、比較的新しい(全集前期が編まれた当時からすれば)作品が集められた短篇集。
絵が相当新しい。ほぼ現代と変わらないと言っていいほど。
物語の作り方は、何でもかんでも放り込んでいた密度の高いものから、ワンテーマで細かい演出を重ねていくタイプのもの中心へ変化している。そして間違いなく面白い。
しかし読者に対するサービス精神や、人間に対するシニカルな視点それに対する逆説的な優しさ、など根底のものはデビュー前後から変わっていない。
普遍的なもの、変えなければならないもの……その二つについて考えさせられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です