【本】『ユニコ(全2)』手塚治虫

ユニコというキャラクターを中心にして織りなす人間ドラマ。
物語技巧が冴えに冴えわたっていて背筋が冷たくなるほど。『火の鳥』や『ブラック・ジャック』にも匹敵する、もっと知られていい傑作だと思う。
しかし、全ページに渡っている通常ページの外に無限に広がるコマを示唆する漫画演出、効果のほどがよくわからない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です